人気ブログランキング |

タグ:鳥取 ( 32 ) タグの人気記事

 

皆生温泉の真の姿?

米子市の郊外に展開する皆生温泉街。山陰屈指の温泉地として知名度も高いものがある。出張の傍ら泊ってみることにした。
イメージとしては、山陰の温泉地の中では歓楽色を帯びたところと云うものが付きまとう。
その目的で泊ったわけではないのだが、そんな一角は郷愁的な雰囲気を感じさせるものと思い温泉街を一通り歩いた。
多くはビル型旅館に変わってしまっているのが実情のようで、その谷間にこの様な店が点在していた。
なお、この付近とは別に呼び込みの男性が点々と立っているような地区もあった。
ただし、月曜日で暇なようであった。
【18.09】
f0130879_21400748.jpg
f0130879_21405914.jpg
f0130879_21404135.jpg

by mago_emon | 2019-08-03 21:41 | その他 | Comments(0)  

銀行からレストランへ

倉吉の古い町並の一角に明治期建造の洋風建築がある。もとは銀行で、その後別の目的に活用されていたが、しばらく間を置いてレストランに再活用されていた。
使われない建物は傷みも早い。少しでも長く続いてほしいものだ。
【17.06】
f0130879_18263507.jpg
f0130879_18263813.jpg

by mago_emon | 2018-05-03 18:29 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(5)  

倉吉 大社湯

倉吉の古い町並の中にある銭湯・大社湯。一昨年の地震により一時廃業の危機とも報じられたが無事に営業を再開。出張に絡めてだが入湯の機会が訪れた。
昭和の雰囲気満載の銭湯、文化財的価値がある。少し出も長く続けてほしいものだ。
また機会があれば訪ねたい。
【17.06】
f0130879_23010552.jpg
f0130879_23010940.jpg
f0130879_23011969.jpg

by mago_emon | 2018-04-23 23:01 | 街の郷愁 | Comments(0)  

現役の銀行建築

昭和4年に雲陽実業銀行根雨支店として建てられた洋風の外観を持つ銀行建築。
現在は山陰合同銀行の根雨支店として現役の建物だ。
【鳥取県日野町 16.05】
f0130879_16522568.jpg
f0130879_16523631.jpg

by mago_emon | 2016-07-31 16:52 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

山陰本線御来屋駅

山陰で最も古い駅舎といわれる御来屋(みくりや)駅。
境港から米子を経由しこの御来屋まで鉄道が敷かれたのは明治35(1902)年で、当駅は開通以来一度も駅舎が建替えられていないという。
御来屋という地名駅名にも歴史性が感じられる。
f0130879_21491691.jpg

【15.09】

by mago_emon | 2015-11-25 21:49 | 鉄道風景 | Comments(0)  

洋風建築の無料案内所

米子の市街地では、繁華街と港を控えた伝統的な街区が接し、混在するエリアもある。
近代洋風建築が、そのまま「無料案内所」として使われている姿もあった。
【15.09】
f0130879_21584494.jpg

by mago_emon | 2015-11-21 21:58 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

米子のそば屋

以前取り上げたことのあるこの渋すぎるそば屋、久々に入ってみた。
前回同様夕方の訪問で、店主が「ゲソが売り切れになって」としきりに恐縮する。今回はあらかじめ店の情報を調べていたのだが確かにゲソ天を載せた蕎麦が名物のようだ。
そんな実直な姿勢も常連客を呼ぶ秘訣なのだろう。
もちろん味も申し分ない。濃厚な醤油出汁と固ゆでの蕎麦が特徴だ。
【15.09】
f0130879_2353563.jpg
f0130879_2354382.jpg

by mago_emon | 2015-11-16 23:54 | 旅の味 | Comments(0)  

大山町所子・門脇家

大山町所子は豪農集落で、中でも門脇家は堂々たる塀や門、重厚な茅葺の母屋が素晴しく国重文に指定されている。自身が古い町並を展開しているほどの大邸宅である。
お住まいのお宅なので見学はできないが、この小さな集落がいかに裕福だったかがわかる。
【14.08】
f0130879_22531573.jpg
f0130879_22533187.jpg

by mago_emon | 2014-09-29 22:53 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

火の見櫓

小さな町を歩くと、時折火の見櫓を見かける。現在でも使える(使っている)と思われるものも多く、半鐘も下がっている。
都会の人や若い人は多分火の見櫓といっても、どんなものか想像できないだろう。
【鳥取県智頭町 14.08】
f0130879_2025820.jpg

【長野県小谷村 14.09】
f0130879_2033024.jpg

by mago_emon | 2014-09-23 20:03 | 街の郷愁 | Comments(0)  

旧家内の猫

町並を歩いていて古い建物の玄関先を猫が覗いていた。もちろんこれは野良猫ではなく、飼われているのだろう。
ここでは危険にさらされることもないし、他の猫と縄張りを争い喧嘩することもない。
しかし自由奔放きまぐれな猫のこと、血統書付の上品な猫ならいざ知らず外見は普通のこんな猫がこのように建物内部に幽閉されていては、ストレスも溜るのではないか?
要らぬ心配だろうか。
【智頭町 14.08】
f0130879_2036145.jpg

by mago_emon | 2014-09-21 20:36 | 野良猫の居る風景 | Comments(2)