人気ブログランキング |

タグ:関東 ( 118 ) タグの人気記事

 

洋装の向い合う辻

秩父神社の門前は古くから参拝客でにぎわい、数多くの店舗がひしめいていたのだろう。洋風の建物が目立つのは大正から戦前にかけ、先進的な賑わいの一角であったことを示しているようだ。
中でも小さな四辻が洋風建築で囲まれている風景は、なかなか他では見られないと思う。動画撮影していると地元の方から声をかけられ、ここいいでしょう?と言われた。
【18.06】
f0130879_20575698.jpg
f0130879_20573889.jpg
f0130879_20574976.jpg
f0130879_20574252.jpg


by mago_emon | 2019-06-10 20:58 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

寄居・児玉の旅館

八高線沿線を辿って数箇所町並を訪ねると、昔ながらの旅館が眼についたのが印象的だった。
寄居の山崎屋旅館・米屋旅館、児玉の田島屋旅館。いずれも現役のようだった。特に山崎屋旅館は泊ったという人の話を複数見聞きしている。
出来れば私も泊りたいが、実現するかどうか。少しでも生きながらえてほしいものである。
【18.06】
f0130879_21575990.jpg
f0130879_21581578.jpg
f0130879_21583984.jpg


by mago_emon | 2019-06-03 21:59 | 街の郷愁 | Comments(0)  

高崎中央銀座

高崎市の中心部に残るアーケード型商店街・中央銀座。一部は戦災を受けていないこともあって昭和的なレトロ商店の趣となっている。
やがてはここにも、次第に都市風景としての画一化に向けた変化が訪れるのだろう。
【18.06】
f0130879_23280796.jpg
f0130879_23283868.jpg
f0130879_23283577.jpg

by mago_emon | 2019-05-28 23:29 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

沼田の郷愁店舗

広大な河岸段丘上に展開する沼田の町。その立地も特徴だが町を実際歩くと、昭和レトロ感が強い店舗の姿が多く眼につくのが印象的だった。うどん屋、精肉店、毛糸店などとさまざまな小売店で成立っていた時代がそのまま残っているようだ。
【18.06】
f0130879_23200192.jpg
f0130879_23193924.jpg
f0130879_23195803.jpg
f0130879_23202942.jpg

by mago_emon | 2019-05-22 23:20 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

秩父の銭湯

秩父市街地のバス通りから一本南の小路に渋い銭湯を見つけた。独特の看板建築風の外観だが余り目立たない路地の辻にある。
あいにく旅館の風呂に入った直後だったので入るのはやめたが、今となっては骨董品的価値のある部類の銭湯には間違いない。
【18.06】
f0130879_16385405.jpg
f0130879_16385781.jpg


by mago_emon | 2019-05-19 16:39 | 街の郷愁 | Comments(0)  

秩父鉄道の郷愁

秩父鉄道に乗ったのは2度目で、しかし前回は熊谷から羽生までの間だったので秩父盆地を走る真髄の部分は初乗車で、秩父に泊った翌日は寄居まで出て八高線に乗換えた。
昔ながらの構えや意匠が多く残っているのに驚いた。建物はもちろんだが細かい案内板などに至るまで。
恐らく意識して残されているのではないかと思われた。今となっては遺産的価値もあるといえるだろう。
【18.06】
f0130879_21564186.jpg
f0130879_21573731.jpg
f0130879_21574139.jpg
f0130879_21574494.jpg

by mago_emon | 2019-05-13 21:58 | 鉄道風景 | Comments(0)  

震災復旧小学校

関東大震災では、都内の小学校も壊滅的な被害を受け、以後耐震・耐火構造としてRC構造などの形で近代的な小学校が次々と建設された。100校余りが建てられたという。
これは上野に残る復旧小学校の一つ。このように一部は今でも現役の校舎として生き続けている。余り注目はされていないようではあるが、貴重な文化遺産であるように思う。
【16.12】
f0130879_23065949.jpg
f0130879_23105194.jpg
f0130879_23111982.jpg

by mago_emon | 2017-04-18 23:11 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

対面式煙草販売の名残

煙草はかつて対面販売が基本で、時折その名残を見ることがある。最近ではコンビニで求めることが一般的になっているのか、その前に置かれた自動販売機もややくたびれた姿だった。そしてその先代の煙草販売台は、ビールなど他の商品の物置き場に。
陳列棚には、マイルドセブンやキャビンの旧包装などがそのまま置かれていた。
【千葉県 16.04】
f0130879_22393075.jpg

by mago_emon | 2016-08-18 22:39 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

際物店

「際物店」なる店舗を見かけた。私はどんなものが売られる店なのか、よくわからなかった。
際物とは鯉幟や羽子板、雛人形などその時季の間際にだけ売れる品物という意味だそうで、そうしたものを取扱っているのだろう。
古い市街地を歩くと、現在では余り見ない店の形態を眼にすることがあり、逆に新鮮に感じることがある。
ただ、今「際物店」と検索すると、千葉県の店舗ばかりが出てくるので、この地方独特の店舗のジャンルなのかもしれない。
【千葉県 16.05】
f0130879_21325915.jpg

by mago_emon | 2016-07-26 21:33 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

木更津の洋風建築

屈指の港町として古くから栄えていた木更津の町。一見古い町並は無いように見えるが一歩幹線道路から足を踏み入れるとその面影、特に洋装の建物にそれを求めることが出来る。
【16.05】
f0130879_22374138.jpg
f0130879_22375491.jpg
f0130879_22375911.jpg

by mago_emon | 2016-07-23 22:38 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)