タグ:九州・沖縄 ( 89 ) タグの人気記事

 

日奈久の老舗

日奈久温泉の旅館では金波楼が最も有名で外観も厳かだが、この柳屋も質素な佇まいながらなかなかどうして格式を感じさせる意匠があちこちにある。建築年もこちらの方が古い。
【17.06】
f0130879_22470827.jpg
f0130879_22473619.jpg
f0130879_22474697.jpg
f0130879_22490655.jpg


[PR]

by mago_emon | 2018-04-19 22:49 | 旅の一風景 | Comments(0)  

人吉・新温泉

人吉にある「新温泉」。銭湯形式の温泉共同浴場である。市街中心でありながら表通りから少し控えた位置にあるために目立たない。
浴場内・脱衣場ともに昭和の雰囲気が濃厚に残っており、今となっては文化財的価値がある。
ただ、利用客の減少、そして病院や老健施設などで新たに温泉の汲み上げ量が増したからか、この浴場の湧出量が減ってしまったとのことで、今後が案じられる。
【17.06】
f0130879_22411607.jpg
f0130879_22415185.jpg
f0130879_22413820.jpg
f0130879_22413334.jpg

[PR]

by mago_emon | 2018-04-07 22:43 | 旅の一風景 | Comments(0)  

水路を跨いで

熊本県八代市にある温泉地・日奈久の老舗旅館。
ここに泊った時に撮影したものだが、旅館の建物のど真ん中を海につながる水路が潜っている。
宿の人も、(建物の中で)この辺りの下をちょうど水が流れているとおっしゃっていた。
今では管理上許されない構造でも、当時は問題なかったのだろう。
【17.06】
f0130879_20582796.jpg

[PR]

by mago_emon | 2018-04-01 20:58 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

人吉の繁華街

球磨川沿いの盆地に開ける人吉の町。この町の名産といえば、やはり球磨焼酎だろう。
町の中心部にも焼酎の蔵元があり、近くにはこんな店構えも。当日は旅館泊だったが、このような店で是非呑んで見たいものである。
【17.06】
f0130879_21022658.jpg
f0130879_21025015.jpg
f0130879_21023698.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-11-04 21:03 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

肥薩線大畑駅

肥薩線の人吉と吉松を結ぶ山岳区間にある大畑(おこば)駅。
現在では数少ないスイッチバック駅であり、また最近は観光列車も運転されることから訪れる人も増えた。
鉄道旅行としてこの区間を乗車してからかなりの年月が経過している。
私は今回探訪の余禄として車で駅を訪れたのだが、ちょうどその観光列車が到着する頃合だった。ちょっと車内にもお邪魔させてもらったが、このような列車が走るようになるとは当時は予想だにしなかったことである。
【17.06】
f0130879_23501638.jpg
f0130879_23504126.jpg
f0130879_23502643.jpg
f0130879_23503417.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-09-26 23:51 | 鉄道風景 | Comments(0)  

八幡の急坂集落

北九州市八幡東区の羽衣町付近。住宅地としてはかなり急峻な地形だ。
工業の発達で、急増する人口を斜面を切り開いて宅地造成した跡なのか。
写真ではなかなか伝わらない。
【16.10】
f0130879_21143119.jpg
f0130879_21144751.jpg
f0130879_21143968.jpg


[PR]

by mago_emon | 2017-01-05 21:15 | 都市の風景 | Comments(0)  

解体工事中

旧街道沿いに見応えのある旧家。しかし見ると「解体工事中」の看板が。
この建物があることで、街道の風景にどれだけ重みがあったか、無くなってからわかることだろう。
【久留米市 16.07】
f0130879_23014212.jpg
f0130879_23014682.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-11-08 23:02 | 困った風景 | Comments(2)  

木造三階虫籠窓

豊後高田市街の一角にて。木造三階建なのだが、2階部に伝統的町家の代表的な意匠のひとつである虫籠窓がある。これが見られるのは中二階建か二階建に限られ、3階建の中央階に設けられた例は見たことがない。
後で三階部分を増築したのかわからないが、奇妙な建物である。
【16.07】
f0130879_15260180.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-11-03 15:26 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

水郷日田の風景

日田市を表す代名詞的言葉に、天領とならんで「水郷」がある。筑後川の上流域を指すこの地方の呼び名・三隈川の川岸には温泉旅館が建ち、夏場は鵜飼が行われる。その水量は豊かで、早朝に川岸に出てみると多くの地元の方が散歩やジョギング等をされていた。
町中にも川の恵みを商う商店が所々眼についた。
【16.07】
f0130879_15480273.jpg
f0130879_15481978.jpg
f0130879_15482594.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-10-23 15:48 | 水辺の風景 | Comments(0)  

集落丸ごと製陶の里

日田市の山間部にある小鹿田焼の窯元集落。谷間のわずかな平地に、登り窯・原材料の土を突いて陶土を作る唐臼があちこちに見られる。焼入れ前の日干し風景、展示即売所など製作過程を含めた風景が集中的に展開し、貴重なものとなっている。
【16.07】
f0130879_16555125.jpg
f0130879_16555411.jpg
f0130879_16555725.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-10-10 16:56 | 旅の一風景 | Comments(0)