人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

看板が物語るもの

西上州の山間に位置する南牧村。今は人通りも少ないがかつては信州に抜ける街道沿いでもあり、近隣の物資も集まり賑わっていたところだという。
これらの看板を見ると本当にそうだったのだろうと思わせる。
【18.09】
f0130879_23182592.jpg
f0130879_23175545.jpg
f0130879_23184595.jpg

by mago_emon | 2019-08-30 23:19 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

百貨店

一見普通の民家のようにも見えるが、百貨店との看板が見える。ここは昔の幹線道路・中山道に面した集落で、明治以降も当分の間は賑やかだったのだろう。
百貨店というとイメージされるのはいわゆるデパートなのだろうが小規模な店舗でも多くの品目を扱うものは、そう呼ばれていた。地方に行くと、現役かどうかは別にして百貨店の文字のある店は意外と多くあるものだ。
【長野県 18.09】
f0130879_22574913.jpg

by mago_emon | 2019-08-20 22:58 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

高原集落の土蔵

八ヶ岳の南西麓、標高1100mのところにある笹原集落。なだらかな斜面に江戸末期から明治にかけ各地から人々が集まり農地開発されたところという。その成功振りは、多く残る土蔵そして描かれた鏝絵に求めることができる。
【18.09】
f0130879_22190918.jpg
f0130879_22191744.jpg
f0130879_22214090.jpg
f0130879_22220044.jpg

by mago_emon | 2019-08-13 22:22 | 土蔵 | Comments(0)  

皆生温泉の真の姿?

米子市の郊外に展開する皆生温泉街。山陰屈指の温泉地として知名度も高いものがある。出張の傍ら泊ってみることにした。
イメージとしては、山陰の温泉地の中では歓楽色を帯びたところと云うものが付きまとう。
その目的で泊ったわけではないのだが、そんな一角は郷愁的な雰囲気を感じさせるものと思い温泉街を一通り歩いた。
多くはビル型旅館に変わってしまっているのが実情のようで、その谷間にこの様な店が点在していた。
なお、この付近とは別に呼び込みの男性が点々と立っているような地区もあった。
ただし、月曜日で暇なようであった。
【18.09】
f0130879_21400748.jpg
f0130879_21405914.jpg
f0130879_21404135.jpg

by mago_emon | 2019-08-03 21:41 | その他 | Comments(0)