<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

倉吉 大社湯

倉吉の古い町並の中にある銭湯・大社湯。一昨年の地震により一時廃業の危機とも報じられたが無事に営業を再開。出張に絡めてだが入湯の機会が訪れた。
昭和の雰囲気満載の銭湯、文化財的価値がある。少し出も長く続けてほしいものだ。
また機会があれば訪ねたい。
【17.06】
f0130879_23010552.jpg
f0130879_23010940.jpg
f0130879_23011969.jpg

[PR]

by mago_emon | 2018-04-23 23:01 | 街の郷愁 | Comments(0)  

日奈久の老舗

日奈久温泉の旅館では金波楼が最も有名で外観も厳かだが、この柳屋も質素な佇まいながらなかなかどうして格式を感じさせる意匠があちこちにある。建築年もこちらの方が古い。
【17.06】
f0130879_22470827.jpg
f0130879_22473619.jpg
f0130879_22474697.jpg
f0130879_22490655.jpg


[PR]

by mago_emon | 2018-04-19 22:49 | 旅の一風景 | Comments(0)  

人吉・新温泉

人吉にある「新温泉」。銭湯形式の温泉共同浴場である。市街中心でありながら表通りから少し控えた位置にあるために目立たない。
浴場内・脱衣場ともに昭和の雰囲気が濃厚に残っており、今となっては文化財的価値がある。
ただ、利用客の減少、そして病院や老健施設などで新たに温泉の汲み上げ量が増したからか、この浴場の湧出量が減ってしまったとのことで、今後が案じられる。
【17.06】
f0130879_22411607.jpg
f0130879_22415185.jpg
f0130879_22413820.jpg
f0130879_22413334.jpg

[PR]

by mago_emon | 2018-04-07 22:43 | 旅の一風景 | Comments(0)  

水路を跨いで

熊本県八代市にある温泉地・日奈久の老舗旅館。
ここに泊った時に撮影したものだが、旅館の建物のど真ん中を海につながる水路が潜っている。
宿の人も、(建物の中で)この辺りの下をちょうど水が流れているとおっしゃっていた。
今では管理上許されない構造でも、当時は問題なかったのだろう。
【17.06】
f0130879_20582796.jpg

[PR]

by mago_emon | 2018-04-01 20:58 | 奇妙な風景 | Comments(0)