カテゴリ:歴史の点描( 102 )

 

宮島の老舗旅館

宮島で最も格式高い旅館といえば岩惣だろう。
晩秋には紅葉の名所となる渓流沿いに離れもある。わざわざ宮島に泊りにいく理由もないので、今後もこの旅館に無縁なままになりそうだ。
【14.12】
f0130879_23434328.jpg
f0130879_23435587.jpg
f0130879_23441063.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-03-03 23:44 | 歴史の点描 | Comments(0)  

電話ボックス以前

携帯電話全盛の世の中になってから、電話ボックスも必要としないからかたまに目にしてもああまだあったのかと思うほど減少してしまっている。かつて駅など人の集まる場所には必ず公衆電話というものが何台も並んでいて人々が列を成していた。
これは、そんな時代以前の公衆電話の姿だったのだろうか。もちろん電話機は撤去されているのだが、かつて町の賑わいの一大中心だっただろう商店街、そんな場所にはこれがないととても不便だったのだろう。
隔世の感を抱かせるという言葉は、はこんな光景を見たときに浮んでくる。
【愛知県瀬戸市 14.11】
f0130879_22275925.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-02-14 22:28 | 歴史の点描 | Comments(0)  

旧料理旅館 恋しき

府中市の中心街にある「恋しき」はもと料亭であり、旅館であったところで明治時代の創業。
現在、改修の上町家カフェと名づけて喫茶・軽食店として多くの客を迎え入れている。
この建物は内部の見学のみも可能で、明治の贅を尽くした各部の意匠を見ることができる。裏手には広い庭園もある。
【14.10】
f0130879_9454413.jpg
f0130879_946067.jpg
f0130879_946899.jpg
f0130879_9461874.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-12-29 09:45 | 歴史の点描 | Comments(0)  

古い橋が語るもの

下松の市街中心から少し外れたところに、気になる地区がある。この橋、古びた石の親柱と高欄、文字の方向から見ても古いものだ。
この道筋にはちょっとした古い町並もある。まとまって残っていないので載せていないのだが、ちょっと調べてみる必要がありそうだ。
【14.08】
f0130879_23255879.jpg
f0130879_232663.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-10-09 23:26 | 歴史の点描 | Comments(0)  

廃業された旅館

山間部にある小さな集落。造り酒屋以外は眠ったような町並の中、旅館の看板を掲げた古い建物が。
看板も朽ちていないし、まだ要望があれば不定期にでも営業されているのだろうと思い、通りかかった人に聞いたが、旅館はもう止められているとのこと。
この旅館が盛況だった頃、どんな賑わいがあったのか、現在の町並風景から想像するのは難しい。
【島根県 14.05】
f0130879_23363916.jpg
f0130879_23364914.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-08-14 23:36 | 歴史の点描 | Comments(0)  

古い案内標識

町中に素朴に残っていた案内標識。この白地のものはちゃんとした道路標識としても存在していたのだが、最近はほとんど見なくなった。
少なくとも40年以上前の形式。普通の民家の軒先にずっと残り続けていることが奇跡ともいえよう。
【茨城県 14.05】
f0130879_2227857.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-06-29 22:27 | 歴史の点描 | Comments(0)  

バス待合所

山間の小さな集落で。民家か小さな商店にしか見えない建物に「バス待合所」の看板があった。傍らには「切符売り場」との錆びた看板もある。
客はこの店でバスの切符を買い、待合せていたのだろうか。それはいつごろまでの光景だったのか。
賑やかなところだったんだろうと、こんな看板を見ると思わせる。
【岡山県 14.04】
f0130879_21405470.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-06-06 21:39 | 歴史の点描 | Comments(0)  

産業軌道跡

生野は銀山で知られ、鉱山町として大きく栄えた街の中心には今でも古い町並が残る。
ここにはもう一つ重要な土木的遺構がある。川沿いの軽便軌道跡だ。産出された銀鉱石を運搬するための専用軌道だったそうだ。
【14.04】
f0130879_22143878.jpg
f0130879_22144860.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-05-20 22:14 | 歴史の点描 | Comments(2)  

京橋区

しばらくの間更新を休止していましたが、ストックが少し貯まりましたので再開します。
休止した昨年7月より今回は時刻歴で掲載します。追いついてストックがなくなるまでは続けます。

f0130879_2041449.jpg

古い住宅の軒先に小さな住所表示版。見ると「京橋区」とある。
この付近は現在中央区築地で、京橋区が実存したのは1947年までである。
近代化された都市の一角に、ささやかな歴史の生き証人が息づいている。
【13.07】
[PR]

by mago_emon | 2014-01-12 20:39 | 歴史の点描 | Comments(0)  

古い標識

町角でふとこんな標識を見かけた。一般道では青地に白抜きというのが案内標識として定められている中で、この旧型の標識は滅多に見ることがなくなった。子供の頃はまだあちこちに残っていたように記憶している。東京8xxkmといったこの手の標識も旧国道沿いにあった。
【愛媛県 13.06】
f0130879_23235431.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-06-27 23:23 | 歴史の点描 | Comments(0)