2009年 02月 01日 ( 1 )

 

通り名

京都独特の通り名による住所表記の象徴的な風景を発見した。
これは隣り合う家屋で住居表示が違う例である。花屋町通までは一緒だが左側は間ノ町東入、右側は高倉西入となっている。つまりこの家々は花屋町通に面するもので、付近は南北の通りとの交点、間ノ町通と高倉通の中間点にあり左側の町家は間ノ町通に近く、右側は逆に高倉通に近いことを表している。
【京都市下京区 09.02】
f0130879_2392344.jpg

これは交差点に位置する町家の例。写真の左右方向が黒門通、奥行方向が中立売通となる。
家の正面と側面で住居表示が異なる。
【京都市上京区 09.02】
f0130879_23111119.jpg

[PR]

by mago_emon | 2009-02-01 23:11 | 歴史の点描 | Comments(0)