人気ブログランキング |

温泉番付

有馬温泉の古びた土産物街を歩いていると、明治時代に造られたらしい温泉番付が窓に貼られているのを見た。
東の大関草津温泉に続き、西に有馬温泉とある。その他上位には今でも賑わいのある温泉地が展開しているところが多い。当時から温泉入浴は盛んに行われ、また海水浴も同等の効能があるものとされていたことがわかる。
【08.11】
温泉番付_f0130879_21283056.jpg

by mago_emon | 2008-11-23 21:36 | 歴史の点描 | Comments(2)  

Commented by emilia2005 at 2008-11-25 01:25
目を細めて地元近くの下呂温泉をさがしたら…
三段目の前頭に並んでますね。
こんな番付表もあるなんて、おもしろい!
ということは、日本を東西に分けると、岐阜は西ってことですね。
微妙な位置なので、どっちかなぁと思ったのです。
Commented by 孫右衛門 at 2008-11-25 23:31 x
温泉は昔から貴族・将軍から庶民に至るまで親しまれていたようです。一方外国では大量に温泉がわいていても間欠泉があっても、只見るだけというところもあるそうです。
これは日本の地方を東西に分けたものではなく、全く相撲の番付と同じもののようです。でもどちらかというと左側は西日本が多いようです。でも伊豆や信濃・越後が入っていたりするので本当の所はわかりませんね。

<< 旧道庁舎 衣料品店と金物店 >>