人気ブログランキング |

煙抜きの小屋根

この付近では主屋の立上りの高い屋根に続いて一段低い屋根が接し、煙抜きあるいは煙出しと呼ばれる囲炉裏からの煙を逃すための小さな屋根が乗っている姿が多く目に付く。
近くにはこの地方独特の茅を葺いた大和棟の民家が残っていたことから、これらも大和棟から改装されたものに違いない。
【香芝市 05.12】
f0130879_23212618.jpg
f0130879_232143100.jpg

by mago_emon | 2007-08-03 23:21 | 町家細見 | Comments(2)  

Commented by 西山遊野 at 2007-08-06 20:21 x
これは見た瞬間に奈良だろうと思いました。
小屋根があって煙り出しのあるこの構造は特徴的ですね。
Commented by mago_emon at 2007-08-06 23:52
大和棟ということばをよく聞くのに、私はこのときまで実物を見たことがなかったのです。既に何度も奈良県は訪ねていましたので、少々焦りを感じていました。この穴虫集落で初めて本物の大和棟の民家を見たときは感動してしまいました。
でも私のそれまで訪ねていたのは町中がほとんどでしたので、今では郊外に行かないと残っていないのでしょうね。

<< 屋根飾り 中山道武佐駅 >>