人気ブログランキング |

盛夏に活躍する融雪設備

2018年の夏は豪雨の後いきなり猛暑と、非常に厳しい夏となった。
これは越前の城下町・大野で見た風景。以前泊ったことのあるこの旅館の現役が確認できて嬉しかったが、入口付近から前面の道路、付近の駐車場まで水が噴出している。冬期に路面の雪を融かす目的で使われる地下水が、打ち水のために臨時稼動しているようだ。それほど厳しい夏ということを象徴するような光景であった。
【18.08】
f0130879_22552547.jpg
f0130879_22553640.jpg
f0130879_22553974.jpg

by mago_emon | 2019-07-08 22:56 | 季節の風景 | Comments(0)  

<< この店が現役の頃には 旅館軒先の水場 >>