挨拶看板

小さな町を探訪していると、このような看板を眼にした。
「こんにちは」「おはよう」とだけ大書された少々奇妙な看板だ。
恐らく、子供に挨拶をするよう促すために設置されたものだろう。
あちこちの町を歩いていると、ある一定の町では、すれ違う子供が例外なく挨拶してくる。
清々しい気持になる一方、多分それらの町では大人から強制的に大人とすれ違ったら挨拶をしなさいと教えられているに違いないのだと思う。
この町もそうなのだろうが、挨拶とは回りに強制されてするものだろうかと少々疑問を抱く。
挨拶をしてくる町とそうではない町が画然と分かれているので、そう思うところである。
【長崎県 18.01】
f0130879_22582091.jpg
f0130879_22582361.jpg

[PR]

by mago_emon | 2018-11-28 22:58 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

<< 大漁旗を掲げ休む漁船 旧往還の旅館 >>