船着場跡

伊勢市河崎の勢田川沿い。商港として川沿いには土蔵などが見え、横付けした船から直接荷揚げした名残が残っている。
河川内に堤防を兼ねた遊歩道からそれを見ることができる。元通りの風景ではないが、かつて大きな水害に見舞われた事もあり、この前後は堤防を嵩上げしてしまった中での苦心の策だろう。
【16.06】
f0130879_20590375.jpg
f0130879_20590015.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-08-24 20:59 | 歴史の点描 | Comments(0)  

<< 伊勢宮門前旅館 対面式煙草販売の名残 >>