門前の旅館

今では訪れる人も多くない寺院、しかしかつては西の高野山として多くの客がここを訪ね、門前町も賑わっていたという。
それを証明するのがわずかに残った旅館の建物だ。むろん今は営業されていない。しかも、全くの廃屋となりいつ取壊されても不思議でない様子が気がかりであった。
【世羅町 12.09】
f0130879_23574985.jpg
f0130879_2357574.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-09-02 23:58 | 歴史の点描 | Comments(0)  

<< 土蔵の扉 煉瓦の土蔵 >>