かつての交通の要衝

奈良盆地の一角、古い街道に面した町並を歩くとあちこちに古びた石造の道標を見かける。
立てられた年代もさまざまなようで、大きさや刻まれる字体もまちまちであるところに、街道の要衝として長らく機能していただろうことがわかる。
【奈良県天理市 12.07】
f0130879_2336865.jpg
f0130879_23361962.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-08-23 23:36 | 歴史の点描 | Comments(0)  

<< 実りを待つ水田 及位の駅名由来 >>