国威宣揚

町を歩いているとふとこんな石柱が眼に入った。「国威宣揚」と刻まれ、昭和十二年という文字も見える。
戦時体制にあったころの遺物がまだ現在にあっても残されていることに、感慨を覚えずには居られなかった。
付近には看板建築のあるやや古い町並が展開しており、戦災を免れた地区であったのだろう。
【東京都港区 12.05】
f0130879_2349449.jpg
f0130879_23495227.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-06-09 23:46 | 歴史の点描 | Comments(0)  

<< 荒物屋 洋風建築の村役場建築 >>