人気ブログランキング |

保存活動の裏で

橿原市今井町は保存地区内の伝統的建造物の比率が非常に高く、町内どこでも古い町並がみられる。
ここ10年余りの間に伝統的な構えを保っての家屋の改装がずいぶん進み、古い町並の体裁という点では相当な進歩がうかがえる。それが観光地化を伴わず行われてきたことも素晴らしい。
しかし、無住の家屋は手つかずのまま朽ちている姿が目立つのも気になった。原型を保っているというと聞こえがよいのだが、痛みの激しさが全体的に整備されただけに際立つ格好となっている。
【11.08】
f0130879_2326566.jpg
f0130879_23261616.jpg

by mago_emon | 2011-08-21 23:26 | 町並保存活動 | Comments(0)  

<< 失われる風景 山峡の宿で >>