港の旅館街

美保関の旅館街は石畳路地がめぐり、伝統的な木造旅館が連なっている。
漁港に沿って車道が付けられているが、古くはこれがメインの街路だったのだろう。旅館の厳かな門もこちらにある。
建物の間からは直接海に出られるようになっているところもあったようだ。
【11.06】
f0130879_2333253.jpg
f0130879_23331148.jpg
f0130879_23331871.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-06-30 23:33 | 歴史の点描 | Comments(0)  

<< 舟板壁二題 立喰い文化 >>