三階建都市型町家

大阪の中心部にある三階建の重厚な建物だ。銅板や屋根部分の多層構造などが大阪の町家風建築の特徴だが、三階建ては珍しい。3階妻部にはうだつのような奇妙な構築物も見られる。
現在は喫茶店か何かに利用されているという情報を聞いたことがある。
【06.04】
f0130879_0365450.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-02-23 00:36 | 町家細見 | Comments(2)  

Commented by R. at 2011-02-24 22:56 x
谷町六丁目の駅(北側)から近い場所ですね。
今はお蕎麦屋さんです。
もうお昼は食べたあとでしたが、同行の友が「中が見たい」と言うので
<私もやぶさかでない~>
『コーヒーでも飲もうか』とガラス窓から店内を覗きました。
すると、何組か待っておられる(遅い昼食にお蕎麦を召し上がるのかな)。
なんとなく(やっぱり)待ち時間がイヤな私たち・・・、結局内装を見ずに
次なる散策へと向かいました。
谷町に到着したばかりだったので気持ちが先走ったんでしょうね。

郷愁掲示板にも投稿しましたが、谷町を訪ねたきっかけは
地元・喫茶店で見た雑誌「SAVVY」の記事でした。その掲載写真が
この建物(お店)で、心惹かれるものがありました(^_^)
Commented by mago_emon at 2011-02-25 00:46
そば屋さんでしたか。それにしては、とても厳か過ぎますね。
谷六、谷九ですね。この通称はいかにも大阪らしい呼び名に思います。他にもあちこちにこんな非戦災地区が大阪には残っているのに、ここが飛びぬけて知られているのは町の中心部にあるからでしょうね。地形の変化があるというのも魅力ですね。

<< 旧周防銀行 看板建築? >>