人気ブログランキング |

歴史と季節を映す楷の木

岡山県南東部にある史跡・閑谷学校をようやく訪ねることができた。
この時期、ここは1年で最も探訪客の多い時期を迎える。敷地の一角にある中国原産の楷(カイ)の木の紅葉が見事に見られるからだ。
まだ少し早いようだったが、カメラを持った客も多数訪れており賑わいを見せていた。
【10.10】
f0130879_001658.jpg
f0130879_002846.jpg

by mago_emon | 2010-11-01 23:48 | 季節の風景 | Comments(2)  

Commented by R. at 2010-11-03 01:12 x
あー、楷の木!おっしゃるように少し早いようですが
綺麗ですね(^^)
私も1度だけ訪ねた事がありまして(それで、知ったように言う~)
それはもう燃えるような紅葉で、独特の美しさがありました。
あの時、立ち寄った日生の食事処で、着ていた薄手の黒のウールのコートを
お店のハンガー?に掛けた覚えがあるので、多分11月の半ばくらいだったのかな・・・

とにかく紅葉も、閑谷学校の建物・敷地も雰囲気があって充足した気分でした。
Commented by mago_emon at 2010-11-04 21:54
この木は最盛期に天気の良い日だと、手前の講堂の床に写り込む紅葉がまた趣深いそうですね。当日は残念ながら曇りだったので、薄ぼんやりしていました。
今週末ぐらいからが見頃なのでしょうね。
この後日生での昼食、備前焼の伊部とまわりました。

<< 紅葉探訪 鉱山商人の坪庭 >>