磐田・見付学校

東海道の旧見付宿は全く面影がないが、この学校建築は旧態依然として保存状態も良かった。
このような学校建築は全国の所々に今でも残されている。明治初年の学制発布以降、教育という新しい制度の象徴として、当時斬新とされていた洋風の建物を採用する例も多かったのだろう。
【静岡県磐田市 09.01】
f0130879_2254880.jpg
f0130879_2254193.jpg

[PR]

by mago_emon | 2009-02-11 22:54 | 重要文化財の建物 | Comments(2)  

Commented by R. at 2009-02-13 00:46 x
これは立派な学校。保存・公開されているんですね。
教室内の展示マネキンは…ちょっとイエローカード?、← すいません、私見です(--;) 

ところで、「郷愁掲示板」に投稿した倉敷のコカコーラの看板の件。
(こちらに書いてごめんなさい。あの記事に返信すると長くなり過ぎる気がして…)
私もよくわからないのですが、もしかしたら食料品店とコーラの看板は無関係かも知れません。
看板下に「KI~」という赤いロゴが見えますね、食料品店の手前(正面向き)にもう1件、お店があったのです。
私が訪ねた時はシャッターが降りていましたが、ネット検索するとどうもアメカジの洋服屋さんのようです。
アメリカンな雰囲気を演出する為、看板を掲げたのかも?と思ったりして。。でも推察に過ぎません、真実?は不明ですー。
あ、こちらでも結局長くなりましたね、失礼しました。
Commented by mago_emon at 2009-02-14 00:09
当時の教室の再現は、やっぱり定番でしょうね。この手の洋風学校建築では逆にこれがないと物足りない気も?します。

倉敷の件は了解しました。
いつでも行って来れる距離にあるもののちょっと近所までというには少し遠くまた観光客の雑沓もあり、最近何年も足が遠のいています。
今年の前半の内には必ず再訪問したいですね。

<< この路地は通り抜けできまへん 島の集落 >>