タグ:近畿2(大阪・兵庫) ( 94 ) タグの人気記事

 

北条鉄道法華口駅

JR加古川線の粟生より分岐する北条鉄道はもと国鉄北条線だった。
途中駅の一つ法華口はそのレトロ感のある風情もあって撮影などに訪れる人も多い。
最近パン工房も併設されたらしく、駅車内には開店準備でパンを焼く香りが漂っていた。
目的地への途中にあったため、それを思い出して立寄った次第。
【16.11】
f0130879_21521989.jpg
f0130879_21521533.jpg
f0130879_21520948.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-01-25 21:52 | 鉄道風景 | Comments(0)  

路面電車のある風景

大阪市の南部には路面電車の風景がある。駅舎風の路肩の待合所、そして専用軌道になったりと乗っていても面白い。
【15.07】
f0130879_20445428.jpg
f0130879_20452411.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-09-26 20:45 | 鉄道風景 | Comments(0)  

製麺所!?

大阪では珍しい看板建築のような外観の店舗が眼について、何気なく撮影した一枚だが、後で改めてみて??となった。製麺所と書かれているが売っているのは衣料品である。
【大阪市中央区 14.07】
f0130879_22175291.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-09-09 22:18 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

今や琺瑯看板は展示物?

こんな風景を町角で時々見ることがある。
つい最近までごく自然に町並風景に溶け込んでいた、あえてそう言いたいのだがというか実際そうだった。
悪いとはいわないが、それだけ琺瑯看板のある風景が過去のものになったということだろう。
【兵庫県 14.04】
f0130879_22231088.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-06-02 22:23 | 奇妙な風景 | Comments(2)  

廃れる地場の商店街

大都市部の一部の商店街を除いて昔ながらのアーケード商店街はほぼ全滅と言っても良いだろう。
網干で見たこのアーケード街は、既に商店街としての機能は失って久しいようだ。破れたアーケードがそれを物語っていた。
近くには大型スーパー、そして少し離れた場所には郊外型商業施設があってその流れに坑がうこともできなかったのだろう。
【兵庫県 14.04】
f0130879_21311176.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-05-25 21:31 | 商店街・店舗 | Comments(2)  

産業軌道跡

生野は銀山で知られ、鉱山町として大きく栄えた街の中心には今でも古い町並が残る。
ここにはもう一つ重要な土木的遺構がある。川沿いの軽便軌道跡だ。産出された銀鉱石を運搬するための専用軌道だったそうだ。
【14.04】
f0130879_22143878.jpg
f0130879_22144860.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-05-20 22:14 | 歴史の点描 | Comments(2)  

細長いビル

姫路市内で見た風景。恐らく周囲の土地利用からこのような建てかたになったものと思われるが、まわりの建物が退くとかなり異様に映る。
【13.02】
f0130879_0234999.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-03-13 00:23 | 奇妙な風景 | Comments(2)  

かなの名前

姫路の沖の穏やかな海に浮かぶ家島の港に接して小さな神社があった。船までに少し時間があったので石に刻まれた名前を眺めていると、全員平仮名であった。女性ばかりというのも珍しく、当時のこと船客を接待する女性たちだったのかもしれないと思った。
私が子供の頃はまだていさんやとらさんといったお婆さんがいたが、恐らく大正中期以降はそのような命名を
することもなくなり、やがて「●●子」が全盛の時代となった。私の年代もそうだが、それ以後今の30歳くらいの人からかそれが少しずつ変化してきて、今の女の子の名前はまた昔のいしさんとらさんと同様の隔世の感を抱く。
【13.02】
f0130879_2359438.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-03-05 23:48 | 歴史の点描 | Comments(2)  

テナント入りの集合住宅

これは姫路市街地で見た風景である。最近こういう風景はかなり更新されて少なくなっているように思う。
あるものは大型商業施設に、他のものはより近代的なマンションに生まれ変わっている。私の近所では跡地に海外資本のホテルが建った。
当時は住居と商店が一体化した便利さが売りだったのだろうが、車で統合型商業施設に向かうのが主流である今は、そこに価値が見出せないように思う。
【13.02】
f0130879_037854.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-02-21 00:37 | 都市の風景 | Comments(2)  

島の井戸

島では水に不便することが多く、古くから井戸が多く掘られ生活用水として今でも利用されているところが多い。
播磨灘に浮かぶ家島諸島でも集落内にあちこちに井戸があり、今でも使われているものが多かった。手押しのものも少なくない。井戸を囲んだ小さな空間は住民の交流の場でもあり、井戸端会議という言葉が思い浮かんだ。

【13.02】
f0130879_055519.jpg
f0130879_0552086.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-02-16 00:55 | 街の郷愁 | Comments(0)