タグ:東北 ( 45 ) タグの人気記事

 

大衆食堂 はしばた

いかにも昭和な感じの大衆食堂を見かけた。
店の名も、橋のたもとにあることから名付けられたに違いない。そんな命名にもまた風情を感じるものである。
【青森県大鰐町 16.12】
f0130879_23002975.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-04-23 23:00 | 街の郷愁 | Comments(0)  

花輪線東大館駅

花輪線の東大館駅。花輪線は20年以上前に乗ったきりで、大館の町を探訪するのには大館駅ではなく市街地に近いこの駅で下車して歩いたほうが便利良さそうだったので、たまたまこの駅で下車したのだが、駅舎はなかなか昭和の雰囲気を残す風情あるものだった。特にこの手書きの駅名板が深い味わいを醸し出している。
【16.12】
f0130879_21211551.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-04-10 21:21 | 鉄道風景 | Comments(0)  

鉱業の町・小坂

秋田県北部の小坂町は古くから鉱山で栄えたところだ。現在でも精錬所が現役で稼動しており、その姿に近代化遺産的風格を感じる。
また、保存されている鉱山事務所の建物は、現在の町の規模からしても不釣合いなほど立派なもので、いかに鉱業で町が繁栄していたかを物語っている。
【16.12】
f0130879_21403732.jpg
f0130879_21422458.jpg
f0130879_21422984.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-03-30 21:50 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

こもせ通りの露天市

秋田県北部の鹿角市毛馬内地区。この町の中心にある商店街の風景。商店は街路に向けて軒庇が張り出しているのが特徴だ。積雪期の歩行者に配慮した伝統的な造りで、この地方で「こもせ」と呼ぶらしい。
そのこもせの下で、地元の方々が露天市を開かれていた。かなり底冷えがする場所のはずだが、これが伝統的な商いの方法なのだろう。
【16.12】
f0130879_21573994.jpg
f0130879_21574215.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-03-22 21:58 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

旧日中線熱塩駅

磐越西線の喜多方駅から出ていた短い支線、日中線。廃止前の頃は1日3往復しか列車がなく、日中は全く列車が走らないのに日中線とはと揶揄されていたという。
しかし、終点熱塩駅の駅舎は洋風の洒落た感じで、廃止されて久しいが近代化産業遺産として整えられ、時折訪ねる客もいるというのは、廃線鉄道跡としては恵まれている方だろう。
【15.09】
f0130879_23573779.jpg
f0130879_23574359.jpg
f0130879_23575429.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-01-29 23:57 | 鉄道風景 | Comments(0)  

現役昭和レトロ商店

棚倉町の旧市街には商家などとともに、昭和型の小売店が幾つも残り、それらが昔ながらの構えを残している。そして何よりそれらが現役なのが嬉しかった。大型商業施設の影響を余りうけていない地域なのだろう。
【福島県 15.09】
f0130879_22594098.jpg
f0130879_22595164.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-01-25 22:59 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

射的

会津若松市の郊外にある東山温泉は、大型のビル型旅館も一部にはあるが、古くからの温泉街地区には昭和の温泉地といった風情が僅かに残っている。
一角に「射的」の看板を見かけた。私は射的場があるということが、昭和的温泉地であることを示す一つの指標であると思っている。
【15.09】
f0130879_211362.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-01-17 21:01 | 街の郷愁 | Comments(0)  

旧医院

市街地に唐突に現れるこの洋風建築はもと医院だという。
昭和6年建築のこの建物は3階建、当時町のシンボルのような建物だったのだろう。
良くぞ残っているといえるのだが、1階部分をコンクリート構造で巻立ててしまったのが外観上、やや残念だ。
【山形県長井市 15.09】
f0130879_20544358.jpg
f0130879_20545552.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-01-09 20:54 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

母屋と一体化?した土蔵

米沢盆地は土蔵がよく見られる地域だ。
時折見られるのが、母屋と棟続きになっていたり、別構造の屋根に覆われ、土蔵正面とは別に入口があったりする。
完全に取り込まれたいわゆる内蔵というものとはまた少し異なる。

f0130879_16233756.jpg


f0130879_16241741.jpg

こちらは側面にも入口が。左の母屋とも接続しているように見える。

【米沢市 15.09】
[PR]

by mago_emon | 2016-01-04 16:25 | 土蔵 | Comments(0)  

もと町役場?

山形県南陽市は宮内町、赤湯町などが1967年に合併して誕生している。
元宮内町の中心にいかにも昭和の役場建築といった建物があり、現在は地区の公民館となっている。
調べてもよくわからなかったが、合併まで町役場の建物だった可能性が高い。
全面ガラス張りの構造など、当時としては斬新だったのだろうが、今は昭和レトロに映る。
【15.09】
f0130879_2301778.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-12-24 23:00 | その他 | Comments(0)