タグ:島根 ( 60 ) タグの人気記事

 

現役スーパー

個人事業主の小売店だけではなく、中小規模のスーパーも全国画一型の大型複合商業施設が地方の奥深くにまで進出してしまったことから、その多くが犠牲になってしまった。
そんななかでこの店、スーパーというにも余りに小さい。よくぞ持ちこたえているといってよいと思う。
陰ながら応援したいものである。次にここを通るときも、現役のままであってほしい。
【島根県 17.05】
f0130879_22031255.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-06-17 22:03 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

津和野カトリック教会

津和野の町並の中にある教会。内部は椅子ではなく畳が敷かれている。
【15.11】
f0130879_23462630.jpg
f0130879_23463347.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-02-23 23:46 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

廃郵便局

下見板張の洋装の建物。使われなくなって久しいのだろう。
しかし、異質なものが装備されている。ここは郵便局だったのだ。現代的なる郵便局ATM装置がこの古びた建物に併設され、稼動していたわずかな期間があったのだ。
【大田市 15.07】
f0130879_22452387.jpg
f0130879_22453110.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-10-12 22:45 | 廃物のある風景 | Comments(2)  

三隅の木造校舎

石見西部、三隅の町で眼にした洋装の学校建築である。この小学校は近年まで現役だったことがその外観の古び方からわかるが、やがては取壊されるのだろうなという思いとともに後にした。
地方の小さな町では、学校建築ほどの大型の建物を自力で維持活用するほどの力は、なかなか残っていない。
【15.07】
f0130879_23234262.jpg
f0130879_23234886.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-10-07 23:23 | 廃物のある風景 | Comments(0)  

江津の洋風建築三題

江津市に残る洋風建築。
明治建築の旧江津郵便局は最近整えられ、町並景観のポイントとなっている。
f0130879_12455594.jpg


神社の入口にあるこの建物は、もと役場だったと思われる。外観は地味ながら江津本町地区の情報発信基地として利用されて、貴重なものである。
f0130879_1248448.jpg


国道9号のそばにあるこの建物、外観はなかなか立派で歴史を感じさせるが、現在個人の所有物になっているようだ。
f0130879_12494554.jpg


【15.07】
[PR]

by mago_emon | 2015-10-04 12:49 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

温泉津の朝猫

温泉町であり古びた港町でもある温泉津の町。
厳かな土蔵の連なる一角を抜けると、水路沿いに数匹の猫の姿が。縄張り意識の強い猫のこと、毎朝の日課なのだろう。
【14.05】
f0130879_2175320.jpg
f0130879_2172681.jpg
f0130879_2173643.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-08-30 21:07 | 野良猫の居る風景 | Comments(0)  

鷺浦への期待

出雲大社の北山を越えた日本海に面する鷺浦集落を訪ねた。久々とはいえ既に4度目の訪問である。
ただ、最初の頃はそれこそ外来者が集落に入ることもほとんどなかったのだろう、素朴そのもので稀に地元の人の出雲弁の会話が聞こえてくるくらいであった。
やがて主な旧家の案内板が立ち、今回はその一部が公開され、見学できるようになっていた。
重伝建級といって良い集落であり、素朴で地道な取組に期待したいところだ。
【出雲市 14.05】
f0130879_23575020.jpg

f0130879_23584366.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-08-25 23:58 | 町並保存活動 | Comments(0)  

出雲・割子そば

出雲大社門前には蕎麦の看板を出した店舗が多数見られる。それも団体客を含め参拝客が多く押し寄せる観光地化されたエリアよりも、その西側の静かな地区で伝統的な構えを守って営業されている姿が目立つ。
薬味を利かせながら3枚くらいはいただきたい。私の好物の一つである。
【14.05】
f0130879_2337429.jpg
f0130879_23384087.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-08-18 23:38 | 旅の味 | Comments(3)  

廃業された旅館

山間部にある小さな集落。造り酒屋以外は眠ったような町並の中、旅館の看板を掲げた古い建物が。
看板も朽ちていないし、まだ要望があれば不定期にでも営業されているのだろうと思い、通りかかった人に聞いたが、旅館はもう止められているとのこと。
この旅館が盛況だった頃、どんな賑わいがあったのか、現在の町並風景から想像するのは難しい。
【島根県 14.05】
f0130879_23363916.jpg
f0130879_23364914.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-08-14 23:36 | 歴史の点描 | Comments(0)  

寺と高架橋

安芸と石見(広島・島根県)を最短距離で結んでいた街道沿いの宿駅であった陰陽連絡道の古い町。
石州瓦という赤褐色の瓦を載せた家並が連なる。その一角に寺もあるが、背後には高架橋が聳えている。
ラーメン橋というコンクリート橋では最も大規模な構造の橋で、江戸期の徒歩行の道程からすると、余りに対蹠的な風景ではある。
【島根県 14.05】
f0130879_22531182.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-08-10 22:52 | 奇妙な風景 | Comments(0)