タグ:岡山 ( 84 ) タグの人気記事

 

本と文具の小売店

書店と文具店を兼ねた小さな地場の店。
本屋なども例に漏れず大型チェーン店などに集約され、大型集合商業施設内にあるものも多く、昔ながらの小売店形式の店は今やとても珍しいものになった。
小さな町の商店街でこのような店を見ると、いつまで残ってくれるだろうかと気になる。
【岡山県 16.11】
f0130879_23112832.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-02-12 23:15 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

参詣は海から

金刀比羅(琴平)宮と瀬戸内海を挟んだ瑜伽(由加)山を参拝することは両参りといわれ、どちらか片方しか参らないのは片参りとして忌避された時代がある。
そのため海路を使った参拝が一般的で、瑜伽神社の玄関口だった児島地区にはその名残が見られる。海岸に接して鳥居が立ち、海側には「金刀比羅大権現」、山側には「瑜伽大権現」と刻まれている。
【倉敷市(児島地区) 16.04】
f0130879_23431173.jpg

f0130879_23461129.jpg
f0130879_23462781.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-06-07 23:46 | 歴史の点描 | Comments(0)  

洋品店

児島湾に面した小さな町にて。かつて水運で商業が栄えたところらしく、洋品店と書かれた重厚な商家建築が残っていた。
【岡山市 16.04】
f0130879_21583079.jpg
f0130879_21583941.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-05-30 21:58 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

明るいアーケード街

いわゆるアーケード型商店街は、活気がないと非常に陰気なイメージになりがちだ。
この商店街は買い物客が歩く路肩部分のみ屋根が張り出していて、中央からは空が見え車の通行も可能な構造となっている。
例に漏れずシャッター街となっている商店街のようだったが、それが救いに感じた。
【玉野市 16.04】
f0130879_22152755.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-05-27 22:15 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

地場の銘菓

旧道沿いに「道祖煎餅」という看板を掲げた建物を見かけた。
かなり以前に閉店されたような雰囲気のこの店、検索してみるとほとんどヒットせず。わずかにこの街道から北に外れたところに道祖渓谷という名所があって、その名を取った地元の銘菓らしいことがわかった。
この手のものは、以前は全国各地に存在していたのだろうが、わが地元で言うもみじ饅頭のように知名度を得て拡販されなかったものを除いて、ある時期に大半が人知れず廃れていったのだろう。
古い町を歩いていて、このようにその名残を眼にする事も少なくない。
【岡山県 15.10】
f0130879_204727100.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-02-21 20:47 | 廃物のある風景 | Comments(0)  

児島駅の駅名標

瀬戸大橋を渡る列車が必ず停まる児島駅の駅名標である。ここでJR西日本とJR四国との車掌の交代も行われる。境界駅なのだがこの駅名標にもそれが現れているのか。駅名標のデザインは西日本のものだが、下側の帯が青ではなグレーになっている。四国の駅名標も西日本のものより少し明るい青系の帯なので、中間色を表現しにくくこのような色になったのか。またはジーンズを表現したものなのか。
【15.08】
f0130879_21571692.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-10-24 21:57 | 鉄道風景 | Comments(0)  

暖簾でも売り出す勝山

県北部の勝山町は、古い町並が近年整備され多くの訪問客が訪れるようになった。
この町を久々に歩いてみて、綺麗になったというのと同じくらい印象的だったのが「暖簾」だ。
暖簾があることで、殺風景になりがちな軒先に彩りと個性を感じ、それが店先の場合は、ちょっと入ってみようか、という思いにつながる事もあろう。
中にはユニークな暖簾もあって、暖簾巡り?も楽しそうな町となっていた。
【岡山県 15.03】
f0130879_2341218.jpg
f0130879_2342234.jpg
f0130879_2343766.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-05-15 23:04 | その他 | Comments(0)  

武骨な宣伝

古い商店で、時折こういう風に壁に直接商品名を書いただけのような宣伝看板を見ることがある。
この方が、道路に面した壁一面が使えるから遠くからでも大きく見えるわけだ。
現在は店舗として営業されていないようだが、少し古錆びた感じがかえって風格を感じさせる。
【岡山県 15.03】
f0130879_1744402.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-05-10 17:44 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

和洋合体?

和洋折衷という言葉があるが、これは折衷というより合体というべきか混交というべきか、何か随分異質に映る。
正面の建屋は洋の方がメインのように見えるが、屋根は一面瓦葺きだ。
【岡山県 14.08】
f0130879_2159766.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-09-18 22:00 | 町家細見 | Comments(0)  

看板建築?の精肉店

古い町並の傍らにあったこの建物に目が止まった。
現役の精肉店。大型集合店舗全盛の時代によくぞ続いているとエールを送りたくなるような店である。
2階部の立上がった壁、これもやはり看板建築の一種なのだろう。
【岡山県 14.04】
f0130879_2334317.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-06-16 23:03 | 商店街・店舗 | Comments(0)