タグ:北海道 ( 8 ) タグの人気記事

 

旧道庁舎

旧北海道庁の建物は我国を代表する煉瓦建築の一つだ。
広い敷地に深い緑、大都市の中心地にありながら、自然の中にあるような雰囲気であるのもこの建物の厳かさを際立たせているようだ。
【08.01】
f0130879_025778.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-11-25 00:11 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(2)  

深名線朱鞠内駅

これは名寄から西側に山中に分け入り、函館本線の深川に達していた深名線の主要駅・朱鞠内(しゅまりない)駅の列車交換風景だ。主要駅といっても駅周辺に僅かな人家が固まっているだけの所である。
今でも気象情報などで、冬になると最低気温の記録で時折この地名を聞くことがある。そのたびにこの深名線を思い出す。低温の上に日本海側の山沿いを辿るこの深名線は、わが国で最も過酷な自然条件に置かれていた鉄道と言ってよい。
しかし、沿線の人口は稀薄で、特に名寄寄りは数人の旅行者だけで地元の客はほとんどいなかった。丹念に除雪され雪の壁の中を進む車窓を見て、廃止もやむなきことではないかと思った。
深名線が廃止されたのはそれから数年後のことだった。
【幌加内町 91.02】
f0130879_2025484.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-09-21 20:02 | 鉄道風景 | Comments(2)  

北端の日没

これは稚内の野寒布岬の落日風景だ。
当日、どんよりとした曇の一日の最後に鮮やかな夕暮が現れた。
北海道を中心に約半月にわたる放浪に近い旅で最も印象的な風景であった。
【98.10】
f0130879_22575576.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-04-16 23:01 | 旅の一風景 | Comments(0)  

函館本線倶知安駅

函館本線の通称山線の中心駅、倶知安駅前の風景である。日本海側の山沿いにあるため冬は多雪の上に低温の厳しい気候にある土地だが、ここに新幹線を通す動きがあることはこの看板を見て初めて知った。帰ってから雑誌などで確認するとやはりここに駅を設ける計画らしい。
八戸まで完成している新幹線は最終的には東京-札幌を4時間台で結ぶことを目標としているという。しかし、そのことによりこの倶知安を含む長万部-小樽間は最悪在来線の廃止も考えられるし、更なる東京への一極集中、そして道内だけを考えても札幌への更なる集中が加速する恐れがある。
【08.01】
f0130879_013440.jpg

やや件の看板が見えにくかった。この看板だ。
f0130879_061925.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-01-30 00:01 | 鉄道風景 | Comments(2)  

旧函館区公会堂

この建物を初めて見たのはこれまでで唯一団体観光客として函館を訪ねた9年前の晩秋のことだが、古い町並や建築にさして興味のなかった当時でも非常に強い印象を抱いた建築だった。
再訪の今回は奇しくも新年初日、今年初の新雪に被われたこの山手界隈に洋風の佇まいは神々しさすら漂わせていた。
【08.01】
f0130879_0121923.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-01-22 00:12 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(2)  

留萌本線増毛駅

北海道のローカル線の多くが廃線となった現在、終着駅自体も少なくなってしまった。留萌本線は本線とは言いながら単行の気動車が行き交うだけの路線であるが、今回この増毛を初めて訪ねてみて、鉄道的な最果てらしさは稚内でも根室でもなくこの増毛にあると感じた。
かつて鰊で栄えたこの町は古い町並も残し、季節柄雪に被われ塩気を含んだ季節風が吹きつけていた。何という寂しい港町だろう、極端に言うと涙が出そうになるほどの郷愁感を抱く風景が展開している。
【08.01】
f0130879_23211794.jpg

f0130879_23213281.jpg
f0130879_23245521.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-01-09 23:21 | 鉄道風景 | Comments(4)  

うだつのある洋風建築

港町小樽には歴史を感じさせる洋風建築が多数残っている。ここは観光客の多く行き交う界隈だが、面白い建物が散見される。石や煉瓦造りの洋風の建物と本来和風の町家に見られる「うだつ」が合体している。
寿司屋やガラス館などと観光客用の店が並ぶが、朝の佇まいは洋風建築の並ぶ古い町並そのものであった。
f0130879_2051457.jpg
【08.01】
[PR]

by mago_emon | 2008-01-05 20:51 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(2)  

北辺の国鉄型気動車

先日わが地元を走っていた最後の気動車急行が廃止された。気動車急行自体はまだあるにはあるが、キハ58系という国鉄時代からの急行用の車両を使用したものがなくなったということで、国鉄の面影が又一つ消えた。
20年前から8年ほど、私も全国の鉄道に乗ることを中心とした旅を続けてきた。これは吹雪の宗谷本線で撮影したものである。キハ58系単行列車だった。この当時はローカル運用がほとんどとはなっていたがまだ各地にキハ58系の列車が走っていた。
【上川支庁中川町 92.02】
f0130879_21554963.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-07-02 21:56 | 鉄道風景 | Comments(4)