タグ:信越・北陸 ( 130 ) タグの人気記事

 

佐渡・小木の木造5階建

佐渡島の南端付近にある小木の町にて。密集する建物の中に突然現れる。3階以上は後で建て増ししたものと思われるが、堂々とした木造の5階建だ。
港町の木造5階というと、大崎上島の木江地区に残るものが比較的良く知られるところだが、迫力という点ではこちらが凌駕しているようにも感じた。
【17.04】
f0130879_18203192.jpg
f0130879_18204911.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-07-23 18:21 | 旅の一風景 | Comments(0)  

白根の雁木型商店街

新潟の郊外にあたる旧白根市、中心部には昔ながらの商店街が長々と連なっている。
かつては木製の雁木だったことを思わせる造りである。
今となってはある意味昭和レトロ的味わいに満ちているが、現役ではない店舗も少なくないようだった。
【17.04】
f0130879_09020231.jpg
f0130879_09022639.jpg
f0130879_09015833.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-07-15 09:02 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

カラフルな土蔵

長岡市にある「機那サフラン酒造」という造り酒屋の土蔵は、極彩色の鏝絵が施されていてとてもインパクトのある外観だ。土蔵を手がけた左官さんによって表現されたといわれ、日本一の鏝絵蔵とも称されるほどだという。
【17.04】
f0130879_22061889.jpg
f0130879_22055805.jpg
f0130879_22060625.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-07-08 22:06 | 土蔵 | Comments(0)  

雁木型商店街

吉田の商店街。新潟県では、アーケード商店街はかつての雁木に由来すると思われる歩道部連続形式のものが多い。ここでは昭和の商店街の雰囲気を色濃く残しながらも多くの店舗が現役であることが貴重だ。
少し出はずれると、本来の雁木も部分的に残っていた。
【17.04】
f0130879_20280246.jpg
f0130879_20274426.jpg
f0130879_20273404.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-07-02 20:34 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

山間の重伝建地区にそば処

石川県南部の山間部にある重伝建地区「加賀東谷」の中でも最も小規模な山村集落、杉水地区。
数軒の民家があるだけのところだが築100年以上の家屋を利用したそば屋があり、結構な賑わいを見せていた。
蕎麦そのものを味わってほしいと冷たい蕎麦のみのメニューというところにもこだわりが感じられる。
保存地区を目当てに訪ねた人々にも大いに利用してほしいものだ。
【加賀市 15.06】
f0130879_2316442.jpg
f0130879_23171125.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-09-14 23:17 | 旅の味 | Comments(2)  

加賀の花嫁のれん

このほどJRが七尾線の観光列車「花嫁のれん」を運行することを発表した。
花嫁のれんとは加賀の伝統で、婚礼の日に新婦の実家に飾られたという加賀友禅の織物のことである。
この伝統も廃れているのだろうが、金沢郊外の野々市にある重要文化財宅では、その貴重な暖簾を見ることが出来た。
【15.06】
f0130879_23572018.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-09-10 23:57 | 歴史の点描 | Comments(0)  

町家風市営住宅

古い町並の残る加賀市大聖寺地区。その一角に奇妙な風景が展開していた。
市営住宅とあるが、そのつくりは町並で見られる伝統的な町家によく似ている。一戸建てで袖壁などもついている。
機械的なRC造りのマンション建築よりはよほど暖かさがある。これは面白い取組?かもしれない。
【15.06】
f0130879_2302867.jpg
f0130879_2304218.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-09-05 23:00 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

金沢近江町市場商店街

金沢の台所・近江町市場は観光市場として知られ、北陸新幹線の開通で一層その性格を強めている。
これは開店間もない頃の風景であり、静かに市場の雰囲気を楽しみながらの散策もできるが、この2時間後に再度歩いたときには混雑し、商品を見るのにも苦労するほどであった。
私がここでよく取り上げている昭和レトロ商店街とは、形こそ似ているが風情は全く異なるものである。
【15.06】
f0130879_21503414.jpg
f0130879_21505974.jpg
f0130879_21511538.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-09-02 21:51 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

大観光地のすぐそばに

金沢有数の観光地、東茶屋街から一本東側に入った筋の店舗点景。
この付近にも観光客が流れ込んでくるが、このようなレトロな店先風景が残る。
両方とも、現役の店舗だ。
【15.06】
f0130879_2135675.jpg
f0130879_21352399.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-08-30 21:35 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

金沢の屋根裏部屋

戦災に遭っていない金沢市内には伝統的な商家の建物が今でも多く残っている。
中でも眼につくのが二階屋根裏の小部屋だ。多くがガラス張りの開放的なつくりになっている。
これは採光窓とのこと。密集する町家で、京都で坪庭が設けられたりするのに似た工夫といえるが、金沢では一時流行のように競い合ったから今でもよく残っているという。
【15.06】
f0130879_23273783.jpg
f0130879_23275291.jpg
f0130879_23281166.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-08-25 23:28 | 町家細見 | Comments(0)