タグ:九州・沖縄 ( 84 ) タグの人気記事

 

八幡の急坂集落

北九州市八幡東区の羽衣町付近。住宅地としてはかなり急峻な地形だ。
工業の発達で、急増する人口を斜面を切り開いて宅地造成した跡なのか。
写真ではなかなか伝わらない。
【16.10】
f0130879_21143119.jpg
f0130879_21144751.jpg
f0130879_21143968.jpg


[PR]

by mago_emon | 2017-01-05 21:15 | 都市の風景 | Comments(0)  

解体工事中

旧街道沿いに見応えのある旧家。しかし見ると「解体工事中」の看板が。
この建物があることで、街道の風景にどれだけ重みがあったか、無くなってからわかることだろう。
【久留米市 16.07】
f0130879_23014212.jpg
f0130879_23014682.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-11-08 23:02 | 困った風景 | Comments(1)  

木造三階虫籠窓

豊後高田市街の一角にて。木造三階建なのだが、2階部に伝統的町家の代表的な意匠のひとつである虫籠窓がある。これが見られるのは中二階建か二階建に限られ、3階建の中央階に設けられた例は見たことがない。
後で三階部分を増築したのかわからないが、奇妙な建物である。
【16.07】
f0130879_15260180.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-11-03 15:26 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

水郷日田の風景

日田市を表す代名詞的言葉に、天領とならんで「水郷」がある。筑後川の上流域を指すこの地方の呼び名・三隈川の川岸には温泉旅館が建ち、夏場は鵜飼が行われる。その水量は豊かで、早朝に川岸に出てみると多くの地元の方が散歩やジョギング等をされていた。
町中にも川の恵みを商う商店が所々眼についた。
【16.07】
f0130879_15480273.jpg
f0130879_15481978.jpg
f0130879_15482594.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-10-23 15:48 | 水辺の風景 | Comments(0)  

集落丸ごと製陶の里

日田市の山間部にある小鹿田焼の窯元集落。谷間のわずかな平地に、登り窯・原材料の土を突いて陶土を作る唐臼があちこちに見られる。焼入れ前の日干し風景、展示即売所など製作過程を含めた風景が集中的に展開し、貴重なものとなっている。
【16.07】
f0130879_16555125.jpg
f0130879_16555411.jpg
f0130879_16555725.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-10-10 16:56 | 旅の一風景 | Comments(0)  

旧唐津銀行本店

唐津の町の中心で圧倒的な存在感を誇る洋風の銀行建築。
前回この町を訪ねたときはこのまま朽ちるだけなのかといった印象だったが、今回訪ねると整備され内部が公開されていた。
それにしても、整備にあたって少々異質なものが増設されたようだ。
【15.01】
f0130879_2255115.jpg
f0130879_226583.jpg
f0130879_2261311.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-04-22 22:06 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

商家町家のさびしい末路

唐津市の旧城下町地区、古くから多くの商家が立ち並んだ地区にあるこの建物に眼をひかれた。
二階部分を見るに、この地方の典型的な商家の建物。
但し今の姿は、1階部分が駐車場に使われ、そして右側の空間はスナックとなっている。
それだけ広い間口だった豪商なのだろうが、何とももぬけの殻感が半端なく哀れであった。
【佐賀県 15.01】
f0130879_21444120.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-04-19 21:44 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

町づくり景観資産 長崎県

国の保存地区とは別に、実は県や自治体レベルで古い町並や建物を意識され保存の取組が行われているケースは多い。岡山県や名古屋市をはじめ、地方都市単位でもやられているようで、大事にしていただきたいものだ。
それを知るのはささやかなプレートであったりする。これは長崎県の例。
壱岐島芦辺と的山大島神浦、いずれも島の集落にて。
【10.08/15.01】
f0130879_017445.jpg
f0130879_0171396.jpg

芦辺瀬戸浦
f0130879_0182691.jpg
f0130879_0191040.jpg

的山大島神浦集落
[PR]

by mago_emon | 2015-04-15 00:19 | 町並保存活動 | Comments(0)  

壱岐の地をいただく

壱岐島の宿は一見商人宿風の佇まいだったが、料理は大変満足するものであった。
宿食とする場合、やはりその土地のものを食したい。
2食付の旅館でも、食事がその辺の店の定食レベルだったり、当たり障りの無い冷凍ものでの品揃えだったりするのなら、コンビニやスーパーで調達した方が安上がりだし最初からそうだとわかっていれば食事つきでは申し込まない。
この宿は口コミで料理がよいということを複数聞いていた。
この宿では地物を供することに徹底していた。ヨコワ、ヒラス(マグロの若魚)の刺身、、あこや貝(真珠貝)の揚げ物、サザエ、そして陸の幸壱岐牛の品々。女将さんにそれらの品々を確認するのも楽しく新鮮なものがある。
【15.01】
f0130879_22494491.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-04-06 22:49 | 旅の味 | Comments(2)  

景観と話題性とのバランス

壱岐島北端にある古くからの漁村集落。鄙びた商店街や漁家の建物が密集している。
そんな中に、商業で栄えた旧家が保存されており、その姿はこの町で最も見応えがある。
登録有形文化財となりながら、内部は洒落た食事どころ、喫茶として営業されている。地元の方でも賑わっているようであった。他にこういう店のほとんど無いこの町並、需要を掘り起こすに十分貢献するものがある。
外見を損なうことなく地元に貢献している、好事例と思う。
【長崎県 15.01】
f0130879_23283178.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-04-01 23:28 | 商店街・店舗 | Comments(2)