現役スーパー

個人事業主の小売店だけではなく、中小規模のスーパーも全国画一型の大型複合商業施設が地方の奥深くにまで進出してしまったことから、その多くが犠牲になってしまった。
そんななかでこの店、スーパーというにも余りに小さい。よくぞ持ちこたえているといってよいと思う。
陰ながら応援したいものである。次にここを通るときも、現役のままであってほしい。
【島根県 17.05】
f0130879_22031255.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-06-17 22:03 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

遊戯ホール

城崎温泉はいわずと知れた有名温泉地ではあるが、昔ながらのたたずまいを残しており伝統的な温泉地であることを感じさせる。
宿泊客・入浴客の往来の多い表の通りから1・2筋入ると、昭和レトロ的な風景も多く残っている。遊技ホールと書かれた建物。
【17.04】

f0130879_20522748.jpg
f0130879_20522274.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-06-05 20:54 | 街の郷愁 | Comments(0)  

寫眞 婚禮着付

大三島の大山祇神社の参道にて。この旧字で書かれた看板の店が現役だった頃、ここはどのくらいの賑わいを見せていたのだろうか。
港からの参詣客がほぼ皆無の今、想像しがたいことだ。
【17.02】
f0130879_21421182.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-05-31 21:42 | 歴史の点描 | Comments(0)  

津軽鉄道五所川原駅

五能線の五所川原駅から北に分岐する津軽鉄道。五所川原では独立した駅舎を持ち、そのたたずまいや手書の時刻表にも実に味わいを感じさせる。
折しもストーブ列車の運行時期で、汽車駅の風情が濃厚に漂っていた。
【17.01】
f0130879_22083265.jpg
f0130879_22083509.jpg
f0130879_22085312.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-05-17 22:09 | 鉄道風景 | Comments(0)  

津軽の温泉客舎

青森県津軽地方の温泉地には、「温泉客舎」という名称の宿屋が見られる。宿泊客には部屋だけを貸すもので、内湯はなく近くにある共同浴場を利用する。
自炊が出来るようになっているものも多く、その点湯治宿にも類似している。
1・2枚目は黒石市郊外の温湯温泉、3枚目は大鰐温泉。
【16.12】
f0130879_12543434.jpg
f0130879_12543735.jpg
f0130879_12561366.jpg


[PR]

# by mago_emon | 2017-05-07 13:00 | 旅の一風景 | Comments(0)  

大衆食堂 はしばた

いかにも昭和な感じの大衆食堂を見かけた。
店の名も、橋のたもとにあることから名付けられたに違いない。そんな命名にもまた風情を感じるものである。
【青森県大鰐町 16.12】
f0130879_23002975.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-04-23 23:00 | 街の郷愁 | Comments(0)  

震災復旧小学校

関東大震災では、都内の小学校も壊滅的な被害を受け、以後耐震・耐火構造としてRC構造などの形で近代的な小学校が次々と建設された。100校余りが建てられたという。
これは上野に残る復旧小学校の一つ。このように一部は今でも現役の校舎として生き続けている。余り注目はされていないようではあるが、貴重な文化遺産であるように思う。
【16.12】
f0130879_23065949.jpg
f0130879_23105194.jpg
f0130879_23111982.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-04-18 23:11 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

花輪線東大館駅

花輪線の東大館駅。花輪線は20年以上前に乗ったきりで、大館の町を探訪するのには大館駅ではなく市街地に近いこの駅で下車して歩いたほうが便利良さそうだったので、たまたまこの駅で下車したのだが、駅舎はなかなか昭和の雰囲気を残す風情あるものだった。特にこの手書きの駅名板が深い味わいを醸し出している。
【16.12】
f0130879_21211551.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-04-10 21:21 | 鉄道風景 | Comments(0)  

鉱業の町・小坂

秋田県北部の小坂町は古くから鉱山で栄えたところだ。現在でも精錬所が現役で稼動しており、その姿に近代化遺産的風格を感じる。
また、保存されている鉱山事務所の建物は、現在の町の規模からしても不釣合いなほど立派なもので、いかに鉱業で町が繁栄していたかを物語っている。
【16.12】
f0130879_21403732.jpg
f0130879_21422458.jpg
f0130879_21422984.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-03-30 21:50 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

こもせ通りの露天市

秋田県北部の鹿角市毛馬内地区。この町の中心にある商店街の風景。商店は街路に向けて軒庇が張り出しているのが特徴だ。積雪期の歩行者に配慮した伝統的な造りで、この地方で「こもせ」と呼ぶらしい。
そのこもせの下で、地元の方々が露天市を開かれていた。かなり底冷えがする場所のはずだが、これが伝統的な商いの方法なのだろう。
【16.12】
f0130879_21573994.jpg
f0130879_21574215.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-03-22 21:58 | 商店街・店舗 | Comments(0)