<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

木炭問屋

小さな港町で。少し洋風の装いをした小さな建物が眼についた。
入口扉には「木炭問屋」とあるが、現在は廃業されているらしい。
その横には介護タクシーの文字が。余りに異なる転身を経た建物。その時代の変化をこの建物は変らず見続けているのだと、感慨深いものを覚えた。
【和歌山県 15.12】
f0130879_22581347.jpg
f0130879_22582622.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-03-28 22:58 | 歴史の点描 | Comments(0)  

島の移動手段

軽自動車程度で事が足りる小さな島では、しばしば見かける光景だ。
港へ家族を出迎えるのも送るのも軽トラ、時に集落とをむすぶタクシー代わりにもなる。
この島ではないが、私も以前軽トラ荷台タクシーの乗車経験がある。
【山口県 15.11】
※ナンバープレートは画像加工で抹消しています。
f0130879_22554218.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-03-24 22:55 | 旅の一風景 | Comments(0)  

生活に引き込まれた川

萩市街地を形成している三角州の南端に特筆される風景が展開している。
江戸時代に川の本流から引き込まれた人工の川だそうで、当時藩の奨励で藍染が盛んに行われた。
藍染には豊かな水が不可欠なので、家々では川の水を敷地内に取り込んでいた。その名残が今でも邸宅群に残っている。川の水を引き込んだ洗い場や池があり、また川に戻す。川そのものが生活の一部として息づいている。
付近は観光の中心からは外れているため、落ち着いた風情を感じることができる。
【15.11】
f0130879_2295983.jpg
f0130879_2211748.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-03-19 22:11 | 水辺の風景 | Comments(0)  

いなり湯

幹線道路から山手に入った昔ながらの町の中心部。意識しないと気付かないほどの平凡な古びた建物に「いなり湯」とあった。現役の頃、この付近はどんな賑わいだったのだろうか。
【上関町 15.11】
f0130879_21473413.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-03-06 21:47 | 街の郷愁 | Comments(0)