<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

白馬村青鬼集落は今・・

更新再開後、時系列掲載としているだけにタイムリーに重なってしまう事もある。
先日の長野県北部を中心とした地震は家屋の倒壊や鉄道の不通といった大きな被害を残した。その最前線の地域にあったこの青鬼集落。重要伝統的建造物群保存地区に指定されているこの貴重な集落は大丈夫だったのか。伝わってきた情報によると集落に繋がる村道が土砂崩れにより不通ということ、それも今は解消されているのかもわからない。そして建物の被害は無かったのか?
【白馬村 14.09】
f0130879_13211100.jpg
f0130879_1322515.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-11-29 01:31 | 民家 | Comments(0)  

木造三階建の旅館

中信地方にある鄙びた温泉場・田沢温泉。日中は素朴な共同浴場を訪れる地元の客がちらほらある程度で、周りを山に囲まれた静かなところである。
そんな中で存在感を示すひときわ大きな旅館があった。木造多層階建ては、現在では許可されない建物であるが、ビル旅館よりは格段に味わいと格式がある。
【青木村 14.09】
f0130879_2392787.jpg
f0130879_2394198.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-11-21 23:09 | 旅の一風景 | Comments(0)  

ホテル××旅館

商店街のアーケードに隠れながらも自己主張していた建物。屋上の多角形の屋根はもちろんなのだが、「ホテル××旅館」というネーミングも相当なものである。
ホテルと名乗りきってしまうのが憚れたのか、それでもホテルと冠することでモダンさを主張したかったのか、この旅館が創業した頃の時代背景を色々考えさせられる。
【大町市 14.09】
f0130879_23264949.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-11-15 23:26 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

共同浴場

松本市の郊外、浅間温泉での光景。
町並を散策していると、ある地元の男性が1枚目の小屋にタオルを持って入っていくのを見た。
さらにそこから間近な場所にあったのが2枚目の写真。
これらは、地元の方々が共同で管理されている専用の浴場で、そのため何の看板もなく地味なつくりにしているのだそうだ。
【14.09】
f0130879_2364919.jpg
f0130879_237539.jpg
f0130879_2372187.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-11-12 23:07 | 街の郷愁 | Comments(0)  

旅館兼書店兼宅配郵便取次ぎ兼・・

旅館の看板を掲げているが、表向きに目立つのは本屋だ。
山間の小さな町でこのような個人経営の本屋というのも何だか応援したくなるが、宅配便や郵便の看板もある。
店内には入らなかったが販売しているものも、書籍だけではないかもしれない。何種兼業なんだろうか。
【長野県 14.09】
f0130879_2054055.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-11-02 20:54 | 商店街・店舗 | Comments(6)