<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

大山町所子・門脇家

大山町所子は豪農集落で、中でも門脇家は堂々たる塀や門、重厚な茅葺の母屋が素晴しく国重文に指定されている。自身が古い町並を展開しているほどの大邸宅である。
お住まいのお宅なので見学はできないが、この小さな集落がいかに裕福だったかがわかる。
【14.08】
f0130879_22531573.jpg
f0130879_22533187.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-09-29 22:53 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

火の見櫓

小さな町を歩くと、時折火の見櫓を見かける。現在でも使える(使っている)と思われるものも多く、半鐘も下がっている。
都会の人や若い人は多分火の見櫓といっても、どんなものか想像できないだろう。
【鳥取県智頭町 14.08】
f0130879_2025820.jpg

【長野県小谷村 14.09】
f0130879_2033024.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-09-23 20:03 | 街の郷愁 | Comments(0)  

旧家内の猫

町並を歩いていて古い建物の玄関先を猫が覗いていた。もちろんこれは野良猫ではなく、飼われているのだろう。
ここでは危険にさらされることもないし、他の猫と縄張りを争い喧嘩することもない。
しかし自由奔放きまぐれな猫のこと、血統書付の上品な猫ならいざ知らず外見は普通のこんな猫がこのように建物内部に幽閉されていては、ストレスも溜るのではないか?
要らぬ心配だろうか。
【智頭町 14.08】
f0130879_2036145.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-09-21 20:36 | 野良猫の居る風景 | Comments(2)  

和洋合体?

和洋折衷という言葉があるが、これは折衷というより合体というべきか混交というべきか、何か随分異質に映る。
正面の建屋は洋の方がメインのように見えるが、屋根は一面瓦葺きだ。
【岡山県 14.08】
f0130879_2159766.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-09-18 22:00 | 町家細見 | Comments(0)  

製麺所!?

大阪では珍しい看板建築のような外観の店舗が眼について、何気なく撮影した一枚だが、後で改めてみて??となった。製麺所と書かれているが売っているのは衣料品である。
【大阪市中央区 14.07】
f0130879_22175291.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-09-09 22:18 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

旧郵便局

国道から外れたところに古びた家並が残っている例は数多くあるが、そこに洋風建築の旧郵便局や銀行を見つけることで確定的なものになる。かつて町の中心街だったのだと。
【呉市旧安浦町 14.07】
f0130879_2225631.jpg
f0130879_22251387.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-09-03 22:25 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)