<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

土浦の水郷風景

土浦の町は霞ヶ浦の湖面にほど近いところとは訪ねるまで実感がなかった。
駅裏から自転車で5分と走るとこのような水郷風景が展開する。
【14.05】
f0130879_03911.jpg
f0130879_031741.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-07-30 00:04 | 旅の一風景 | Comments(0)  

古河の土蔵二題

城下町由来で河港町、宿場町としても栄えた茨城県古河の町。商家と土蔵が今でも多く見られるところだ。
土蔵には個性的なものがあって、3階建てのもの、そして2枚目はガソリンスタンドの建物。土蔵建築のガスステーションは初めて見た。
【14.05】
f0130879_2127593.jpg
f0130879_2128659.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-07-27 21:27 | 土蔵 | Comments(0)  

筑波山郵便局

かつての筑波山への徒歩の参道、つくば道は南麓の北条地区から最短距離で斜面を駆け上がっている。
神社に近い位置に洋風の外観をした小柄な建物があって、「筑波山郵便局」とある。郵便局を閉じて長らく建物は使われていなかったが、「旧筑波山郵便局プロジェクト」により最近息を吹き返した。
【茨城県 14.05】
f0130879_23235853.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-07-24 23:23 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

大谷石の表情

宇都宮市の郊外では建築資材として優れている大谷石(おおやいし)が産出され、土蔵を中心に多くの建物に使われている。
特に西根集落というところでは大谷石の建築の比率が高く、また土蔵の意匠も優れていて、その暖かく柔らかい風合いには心和やかにさせるような力がある。
【14.05】
f0130879_2134093.jpg
f0130879_2134957.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-07-20 21:33 | 土蔵 | Comments(0)  

未だに震災の爪痕

筑波山北麓に位置する真壁の町。大柄な商家が多く残り、近年重要伝統的建造物群保存地区に指定された。
ところが東日本大震災により、旧家は大きな損害を受けた。立派な重い瓦屋根だったのが災いしたという。
10年前に1度訪ねたことのある町であっただけに、ブルーシートや足場に囲われた姿は痛々しく、早く元の姿を取り戻してほしいと願いながら後にした。
【茨城県 14.05】
f0130879_2303466.jpg
f0130879_2304299.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-07-12 23:00 | 旅の一風景 | Comments(0)  

おかめや/SHOES TEL852

常陸太田市の旧市街地を歩いていると、昭和レトロ的感触を抱く。
この2軒は営業されているように見えないが、現役だった頃は今のような大型商業施設もなかったろう。
せめて地場のスーパーマーケット位しかない頃なら、このような個人商店も元気でいられたのに。
【14.05】
f0130879_21275538.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-07-08 21:28 | 商店街・店舗 | Comments(2)  

水郡線常陸太田駅

常磐線の水戸と東北本線の郡山を結ぶことから命名された水郡線。全くのローカル線で、この常陸太田駅はしかもその支線の終点にあるのだが、この風景からはそんな鄙びた風情は微塵も感じさせない。
待機中のこの気動車も、最新鋭のハイブリット車とのこと。
【14.05】
f0130879_2324184.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-07-06 23:24 | 鉄道風景 | Comments(0)  

取手の痕跡

取手は水戸街道の宿駅だったところだが、今では伝統的な建物はほぼこの漬物屋のみで町並としては失われていた。
【茨城県 14.05】
f0130879_231246.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-07-02 23:11 | 商店街・店舗 | Comments(0)