<   2013年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

林檎

小さな果物屋だが、前面の壁に「林檎」と大書されているのは何だろうか。
以前は林檎の専門店だったのか、林檎が主力商品の店なのか。
【秋田県 12.08】
f0130879_22345440.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-04-26 22:34 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

旧海田宿・千葉家

旧山陽道の宿駅だった海田町にはまだ一部に古い町並が残されており、その中心的な建物である千葉家が最近一般公開を始めた。
このような旧家の内部は街道沿いから見る印象よりもはるかに豪華で厳かであることが多く、この邸宅も例外ではなかった。庭園も本格的なもので宿駅業務を司り裕福な家であったことを今に示していた。
【13.04】
f0130879_2244269.jpg
f0130879_2244436.jpg
f0130879_22442632.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-04-22 22:44 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

白魚漁の船

萩の河口付近は春先に白魚漁が盛んに行われる。この独特の網ですくい上げるだけの単純な漁ではある。春の風物詩として地元で親しまれている。
【13.03】
f0130879_22353212.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-04-18 22:34 | 海辺の風景 | Comments(2)  

蔀戸とくぐり戸

萩市にある商家の建物である。伝統的な建物でも1階部分が改装されている例が多いものだがこの旧家はほぼ原形を保っている貴重なものだ。
蔀戸は通常は街路に面する開口部を板で塞いでいるが、開けた状態では全開になる。商いをされていた邸宅なのだろう。その横の小さな障子貼りの扉、くぐり戸も現役そのままに残されている。
【13.03】
f0130879_23484792.jpg
f0130879_234979.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-04-16 23:50 | 町家細見 | Comments(0)  

新 水

裏手に構えられた土蔵が二棟並んでいる。「新」「水」の文字がそれぞれ見える。縁起のよい文字、祈りや希望を含めた文字が描かれることが多いというが、それらの個性を伺うのも興味深いものだ。
【木曽福島町 08.06】
f0130879_22322746.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-04-14 22:32 | 土蔵 | Comments(0)  

壮大な計画

敦賀市の内陸部にある集落の中央に水路が走っている。山間部の旧宿場町などで時折見る風景だが、これはただの水路ではない。船の往来を目的に琵琶湖と日本海をつなごうとした跡なのだという。
標高差もあり無謀な計画ともいえるが、当時としてはなんともスケールの大きな構想があったものである。
【07.10】
f0130879_22561896.jpg
f0130879_22562767.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-04-08 22:56 | 歴史の点描 | Comments(0)  

琺瑯看板を有効活用

窓に無造作にはめこまれた琺瑯看板。看板としてはかなり古いものらしく横書の方向が逆である。
おそらくストーブなどの煙突用の穴に便利で、流用されたものなのだろう。
【山口県 13.03】
f0130879_22512464.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-04-05 22:52 | 廃物のある風景 | Comments(0)  

隠す

保存地区では空調の室外機など町並景観にとって「邪魔」となるものをさまざまな工夫で隠そうと努力されている姿が見られる。
この例でも軒下の室外機は細かい格子で目立たないよう配慮されている。一方理髪店の目印。この回転灯が隠されてしまうと営業に支障が出てしまう。しかし、それも裸ではなく木製の枠に収められているではないか。控え目に控えめに、この店のジレンマといったものがうかがえる。
【竹原市 13.03】
f0130879_22141690.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-04-01 22:14 | 町並保存活動 | Comments(0)