<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

早咲きの枝垂桜

山間部でまさかの満開の桜であった。染井吉野はまだ低地で5分咲き、この周囲では開花が始まったばかりの状況で、早咲きの枝垂桜の乱舞である。
地元では割と有名らしく、多くの見物客の姿があった。
【山口市旧阿東町 13.03】
f0130879_2139338.jpg
f0130879_2139406.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-03-29 21:40 | 季節の風景 | Comments(0)  

丸ポストのある風景

古い町並に丸ポストのある風景。絵になるものだが私は丸ポスト自体が貴重なものであるとの認識は余りなく、意識して撮影したことはない。
丸ポストを特集したサイトなどもみられるが、近所にもあるし、まだあちこちで見ることができる。しかし、徐々にではあるが減っていることは確かだろう。今後は少し注目して歩きたいとこの風景を見て思った。
【萩市 13.03】
f0130879_2319833.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-03-25 23:19 | 街の郷愁 | Comments(0)  

小さいけど強い?

漁村集落でにらみ合う2匹の野良猫が眼についた。どうも右の小さい猫のほうが優勢な様子であった。
f0130879_21564156.jpg

その後小さい猫が私のほうに歩いてきたがそれほど人を警戒していないらしく容易に捕まえることができた。
乱暴なつかみ方に見えるだろうが親猫が危険を察した時はここを咥えて移動させる。抱きかかえるよりもここをつかむ方が野良猫でも脚をじたばたさせることなく意外とおとなしくしているものだ。蚤などの寄生虫が映ってくるのも防ぐことが出来る。
【13.03】
f0130879_221230.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-03-24 22:01 | 野良猫の居る風景 | Comments(0)  

着物姿が違和感ない町並

倉敷の町並に着物姿の女性が歩いているのを見た。現代的な都市の風景ではもはや浮いて見えるものだが、ここではそれが全く違和感なく溶け込んでいるようであった。
【12.05】
f0130879_23344920.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-03-20 23:34 | 街の郷愁 | Comments(1)  

洋風の建物

路地越しに洋風の建物のある風景。この界隈がかつて町の中心であったことを示している。
【13.03】
f0130879_22551486.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-03-17 22:55 | わが町の風景 | Comments(6)  

細長いビル

姫路市内で見た風景。恐らく周囲の土地利用からこのような建てかたになったものと思われるが、まわりの建物が退くとかなり異様に映る。
【13.02】
f0130879_0234999.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-03-13 00:23 | 奇妙な風景 | Comments(2)  

かなの名前

姫路の沖の穏やかな海に浮かぶ家島の港に接して小さな神社があった。船までに少し時間があったので石に刻まれた名前を眺めていると、全員平仮名であった。女性ばかりというのも珍しく、当時のこと船客を接待する女性たちだったのかもしれないと思った。
私が子供の頃はまだていさんやとらさんといったお婆さんがいたが、恐らく大正中期以降はそのような命名を
することもなくなり、やがて「●●子」が全盛の時代となった。私の年代もそうだが、それ以後今の30歳くらいの人からかそれが少しずつ変化してきて、今の女の子の名前はまた昔のいしさんとらさんと同様の隔世の感を抱く。
【13.02】
f0130879_2359438.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-03-05 23:48 | 歴史の点描 | Comments(2)  

精巧な町家

京都の遊興街のひとつ、上七軒の一風景。ここは北野天満宮を建設した余り材で門前繁華街の建物を建てたといわれ、歌舞練場をはじめ華の一角である。
ここで見る町家建築はなかなか凝っていて、こんな建物も見かけた。二階の中身はどうなっているのか?
【09.02】
f0130879_22534848.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-03-03 22:54 | 町家細見 | Comments(0)