<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

夏のような海辺の風景

これは波照間島の海岸風景。撮影したのは1月2日である。
シュノーケリングをする人や浜辺で上半身裸になっている人の姿もあった。
美しい集落もあるこの島は南西諸島の南端にある。国土は狭いとはいえ気候風土の大きな違いがあるということは魅力的なことだとつくづく思うことである。
【13.01】
f0130879_22594881.jpg
f0130879_230943.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-02-24 22:57 | 海辺の風景 | Comments(0)  

テナント入りの集合住宅

これは姫路市街地で見た風景である。最近こういう風景はかなり更新されて少なくなっているように思う。
あるものは大型商業施設に、他のものはより近代的なマンションに生まれ変わっている。私の近所では跡地に海外資本のホテルが建った。
当時は住居と商店が一体化した便利さが売りだったのだろうが、車で統合型商業施設に向かうのが主流である今は、そこに価値が見出せないように思う。
【13.02】
f0130879_037854.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-02-21 00:37 | 都市の風景 | Comments(2)  

島の井戸

島では水に不便することが多く、古くから井戸が多く掘られ生活用水として今でも利用されているところが多い。
播磨灘に浮かぶ家島諸島でも集落内にあちこちに井戸があり、今でも使われているものが多かった。手押しのものも少なくない。井戸を囲んだ小さな空間は住民の交流の場でもあり、井戸端会議という言葉が思い浮かんだ。

【13.02】
f0130879_055519.jpg
f0130879_0552086.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-02-16 00:55 | 街の郷愁 | Comments(0)  

那覇の商店街

那覇の市街地で一番面白いと思うのは公設市場を中心とした商店街で、アーケードに覆われた商店群が無秩序に迷路のように展開している。いずれも昭和の商店街といった雰囲気を残しており、公設市場では見慣れぬ魚介類が並び、建物の2階でそれを調理して貰って食べることも出来る。
【13.01】
f0130879_23553677.jpg
f0130879_23554257.jpg
f0130879_23555294.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-02-13 23:56 | 商店街・店舗 | Comments(2)  

分断された高架橋

新幹線で姫路を通過している時にいつも気になるものがあった。姫路の町自体は何度か歩いたことがあるが肝心の気になるものの正体を初めてつかむことができた。
これは昭和41年に姫路で博覧会が開催されるにあたって建設されたモノレールの軌道跡で、大部分は廃線後に撤去されたが、橋脚の一部が民間の建物の敷地内にあったために未だに撤去できないままになっているのだという。
珍風景の一つといえるだろう。
【13.02】
f0130879_22515652.jpg
f0130879_225256.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-02-10 22:52 | 奇妙な風景 | Comments(2)  

金沢の寺町

戦災を受けていない金沢の町は随所に古い町並が残っているが、有名な東茶屋町の少し山手には寺町もある。城下町では寺院を固めて寺町としたところが多く、今でも名残をとどめているものも少なくない。
この界隈が最近国の保存地区になったという。寺町の中には、機械的に寺が連続しているだけで本堂の建物も鉄筋コンクリート造となっていたりして風情がないものもあるが、ここの寺町は山裾の起伏に沿って塀や厳かな門が連なり、金沢らしいところである。
【11.01】
f0130879_0132559.jpg
f0130879_0133933.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-02-06 00:13 | 町並保存活動 | Comments(0)