<   2012年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

廃屋の表情

播磨の城下町龍野で眼にした一風景。最近一部では町並の修景が行われているが、まだまだ素朴さの残る古い町並が連なる。
この旧家は本瓦が崩れかけ、蔦がからんでおりもう無住となって久しいのだろう。
壁にある2つの穴は屋根裏の空気抜きなのか、解体を待つだけのようなこの家屋にも表情を感じる。
何とか修復して、もう一度住人が復活してほしいと。
【12.04
f0130879_2353162.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-11-30 23:53 | 民家 | Comments(0)  

名残の看板

古びた家並が続く商店街で、もう店を畳まれてはいるが軒下にこのような看板を見かけた。
かつてこの店が商いをされているころ、この通りは活気に満ちていたのだろう。
(三重県菰野町 12.11)
f0130879_22591756.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-11-27 22:59 | 商店街・店舗 | Comments(2)  

滑り込みで見た紅葉

今年は紅葉をまともに見ることもなく月末を迎えた。既に遅いかと思いながらほぼ毎年訪ねている寺院に行ってみたが、まだ美しさを残していて、散り際の妙を堪能することができた。
【12.11】
f0130879_22434544.jpg
f0130879_2243515.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-11-25 22:43 | 季節の風景 | Comments(0)  

上賀茂社家町の風情

上賀茂神社の門前は社家町の風情が濃いことで保存地区ともなっているが、それを一層高めているのが屋敷前の水路だろう。各邸宅前にリズミカルに連なる小橋も印象的だ。
【12.11】
f0130879_22410100.jpg
f0130879_2242651.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-11-23 22:41 | 水辺の風景 | Comments(0)  

元タクシー営業所

崩れかけたような建物だが、正面にタクシーの文字が見える。山間の小さな町で細々ながらも地元の方々の足として活躍していたのだろうが、自家用車の普及と人口減少で立ち行かなくなったのだろう。このような廃棄されたタクシー営業所、余り話題にはならないが全国各地で見られる。
【岡山県 12.10】
f0130879_23355555.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-11-22 23:35 | 廃物のある風景 | Comments(0)  

立派な道標

旧街道沿いに身の丈ほどもある大きな道標が残されていた。
この街道は伊勢参宮の主要道であり、多くの旅客が通行していたと思われる。ここに限らず参詣の主要幹線にあるものは一様に大型のものが目立つようだ。
【鈴鹿市 12.11】
f0130879_23252420.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-11-19 23:26 | 歴史の点描 | Comments(0)  

京の老舗

京都の町中を歩くと、至るところに老舗の姿が眼につく。それらの特徴は伝統的な構えであることであるのはもちろんだが、扱う商品が伝統に根ざしたものであると同時に非常に細分化されたものであることだ。
町の規模が大きいほど細分化された商品を特化して取扱っても十分成立する。近年では大型商業施設の乱立で、ある程度の都市でも小売店は立ち行かなくなっているが、京都ではさすがにブランド力もあるのだろう。
【12.11】
f0130879_23102594.jpg
f0130879_23103763.jpg
f0130879_23104744.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-11-17 23:11 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

門前土産

多度大社の門前風景である。
由緒ある社で、上げ馬神事などの祭事でも知られるところである。今でも多くの客が訪れ、神社付近は門前町の装いを呈していた。
ふと門前の店を覗いたところ、銘菓「八壺豆」を勧められた。私は甘い和菓子類は苦手なのだが、蕨餅のような素朴な味わい、この門前の雰囲気で口にすると不思議と旨く感じられる。歴史を刻んだような包装にも味が感じられ思わず一袋買って帰った。
【三重県桑名市 12.11】
f0130879_23254749.jpg
f0130879_232646.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-11-13 23:26 | 旅の味 | Comments(0)  

封じられた古い地区

この写真の遠方は30年近く前に埋立てられ工業地となっている最も新しい地区である。一方で、手前には土蔵など古びた建物が目立っている。撮影した位置は高台にあり、かつては丘陵であったが今では住宅団地が大規模に造成されている。
古くは、海岸と丘が近くに迫り、土蔵を従えた家々が連なるだけであっただろうことが想像できる。
【12.11】
f0130879_23364840.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-11-11 23:37 | わが町の風景 | Comments(2)  

このような店も貴重なものになった

今や集合型商業施設やコンビニの隆盛で、小売店は全般に急速に数を減らしている。このような店舗も私が子供の頃には普通にあったが、いつのまにか滅多に眼にすることもないものになっている。
こんな店を何屋といったか、八百屋というには野菜類が少ないし、もはや思い起こせない。
【岐阜県海津市 12.11】
f0130879_22312987.jpg
f0130879_2232522.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-11-09 22:31 | 商店街・店舗 | Comments(2)