<   2012年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

都会の舟屋集落

f0130879_21434666.jpg
対岸に大きな倉庫群、そして都市高速の高架橋が横断するあたりに雑然とした船溜りがあった。
漁船をはじめとした船舶が多数繋留され、また海岸から張り出した家屋や小屋が舟屋を思わせる。
横浜市の中心に近いところとは思えない風景である。
【12.05】
f0130879_21435477.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-05-31 21:40 | 海辺の風景 | Comments(0)  

観光地の傍らで

倉敷は美観地区とその周辺が余りにも有名である一方、駅前通りを挟んだ西側はそれとは異なった界隈が展開している。
カメラを持って歩いているとご婦人から声をかけられたが、この付近に古い町並が残っていると誰かから聞いたものでと曖昧に答えたところ、遊郭跡の取材ですかと唐突に聞き返された。相手が女性であることもあって言葉を濁したのだが、結構訪ねる人もあるらしい。
【12.05】
f0130879_2313812.jpg
f0130879_23131581.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-05-29 23:13 | 歴史の点描 | Comments(0)  

最先端の風景

今最も話題の風景といえばここなのだろう。
もとより時間の余裕もなく、これ以上近寄る気にはなれなかったのだが、少しはなれた場所からは隅田川と橋梁、屋形船を前景とした見ごたえのある風景が展開している。
但し、見学客の多くはビルの間からしか見えない吾妻橋に集結し、雑踏をひき起こしていた。
【12.05】
f0130879_21585758.jpg
f0130879_2159415.jpg
f0130879_21591414.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-05-28 21:59 | 都市の風景 | Comments(2)  

一番街

倉敷駅前から一番街と呼ばれる商店街が連なっている。しかし、客の中心は駅の北側にある商業施設など完全にシフトしており、ここも例に漏れず活気の乏しいものであった。そのことにより郷愁感が高まるとは皮肉なものである。
【12.05】
f0130879_224999.jpg
f0130879_2241899.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-05-22 22:04 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

薄暮の倉敷川畔

昼間は観光客で賑わう倉敷川沿いの一帯も、日暮れの頃には静けさとともに最も美しいひと時を迎える。
【12.05】
f0130879_21335631.jpg
f0130879_2134123.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-05-21 21:34 | 水辺の風景 | Comments(2)  

大正元年夏架橋

丹後半島の付け根にあたる久美浜町の町中でこんなものを見つけた。狭い水路に豪勢な石造の高欄と親柱、そして架橋年が刻まれている。
今では暗渠にするような小さな水路である。町の中央に位置していることもあり、橋はランドマーク的存在であっただろうことがわかる。
【12.04】
f0130879_21363257.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-05-20 21:36 | 歴史の点描 | Comments(0)  

綺麗になった本町地区

倉敷美観地区の北に接する本町の町家地区はかつては古い建物が雑然と連なり、電柱も立ち並ぶ自然体の古い町並が連続するところに美観地区とは異なった魅力があった。しかし電線の埋設、舗装のやりかえなど古い町並の演出が施されていた。
悪い施策というつもりはないし、個々の旧家の魅力が引き出され町並連続性も高まって見えるものだが、反面古い町並としての画一化といった感触も抱かせる。
【12.05】
f0130879_23272511.jpg
f0130879_23273242.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-05-16 23:27 | 町並保存活動 | Comments(0)  

奇妙な空間

昔ながらの住宅地にアーケードのようなものに覆われた路地があった。但し商店街ではなく集合住宅のような佇まいで、一角には美容院、さらには飲み屋も見られる。
現在では余り機能していないように見えたが、このような住居風景は珍しい。
【西脇市 12.04】
f0130879_22373657.jpg
f0130879_22374610.jpg
f0130879_22375496.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-05-14 22:37 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

古い町並の純度の低下

わが町では古い町並といえるような風景はないものの、それでも幾許かの伝統的建物の見られる一角はある。
そのようなところでも徐々にではあるが新しい建物が姿を現してきている。もと古い建物のあった場所である。
定期的に巡回しているので些細な変化が否が応でも眼に入る。
【12.05】
f0130879_061471.jpg
f0130879_062453.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-05-13 23:54 | わが町の風景 | Comments(0)  

布団干しの風景

古い町を歩いていると二階窓から布団を干している風景に出会った。
マンションや近代的な住宅なら布団干しに適した場所があるが、密集した町家ではこうして窓から軒屋根に垂らすしかない。
【福知山市 12.04】
f0130879_217038.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-05-12 21:07 | 街の郷愁 | Comments(0)