<   2012年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

親土蔵 子土蔵

大きな土蔵の横に小さな土蔵、シャッターをはめられて原型どおりではないが、この小さな土蔵を応援したくなる。
【笠岡市 12.02】
f0130879_2394136.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-02-26 23:09 | 土蔵 | Comments(0)  

北国脇街道川田宿

長野盆地の一角にあるこの旧川田宿は街道を南に意図的に折り曲げ、宿場を建設した人工色の強い成立ちを持つ。しかし長い年月を経て、古い町並として根深く息づいた風情を漂わせていた。
両端には秋葉社が祭られている。火除けを祈願して建てられたのだろうが、今でも風格とともに町を見守っていた。
【長野市 12.01】
f0130879_023552.jpg
f0130879_024338.jpg
f0130879_025144.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-02-22 23:57 | 歴史の点描 | Comments(0)  

路地の小さな商店

現在は賑わいの中心から外れた一角に、小さな店を見かけた。
現在営業されているかどうかは確認できなかった。近年の大型集合施設とは対極をなすようなささやかな店舗だ。
【笠岡市 12.02】
f0130879_1172069.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-02-21 01:17 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

朽ちた土蔵

かつてここには由緒ある旧家が建っていたに違いない。附属する土蔵は取り壊すに忍びなく、そのまま残されたものと思われるが、それも屋根が崩れかけ、無惨な状態だ。
いずれ崩れ落ちるか、撤去されてしまうことだろう。
【総社市 12.02】
f0130879_047187.jpg
f0130879_0472966.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-02-18 00:47 | 廃物のある風景 | Comments(2)  

うぐいす 若草

湯田中温泉の小さな宿にて。部屋案内の小さな看板、昭和的で非常に趣深いものがあった。
何百何号室といった機械的な宿も安直で良いが、後の印象は残らない。ホテルの名前も、どこに泊ったかもさえ曖昧になる。
このような旅館に泊った場合は、いつまでも記憶に残る。
【12.01】
f0130879_23262276.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-02-12 23:26 | 旅の一風景 | Comments(0)  

土蔵の間が駐車場

海鼠壁を施した土蔵が路地の奥深く連なっている。非常に趣深い空間だが、無粋にも乗用車が占拠し駐車場と化している。
しかし自由に車を停める場所の少ない市街地では絶妙のスペースなのだろう。
【松本市 12.01】
f0130879_2225381.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-02-11 22:25 | 土蔵 | Comments(0)  

とこ元

名古屋駅から東海道本線で一駅の尾頭橋付近には大規模な都市開発を逃れた一帯がある。かつての遊興街でもあり、カフェー建築と呼ばれる独特の建物が多く残る。
「とこ元」という屋号、床屋を連想させるが独特の丸窓やタイルなどの意匠から、やはりその類の建物であったのだろう。
【12.01】
f0130879_0351967.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-02-10 00:35 | 都市の風景 | Comments(0)  

街角のヘアーサロン

古い家並の残る一角に小さな美容院があった。地元の顧客に長年愛されてきたような雰囲気の店だ。
建物の造りから、戦前の洋風建築を利用して営業されているらしい。もとは何に使われていた建物だろうか。
【早島町 12.02】
f0130879_042289.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-02-08 00:04 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

桃太郎さんの写真展

私の掲示板に以前からモノクロ写真を投稿いただいていた「桃太郎さん」の写真展が岡山市で開催されるということで、お伺いしてきた。
昭和40年代後半の町の風景、生活風景が描写された写真は、建物は今でも残っているものはあるものの、人々の姿は大きく違う。当時は急激に変化を続けていた時代、そして便利になっていく過程にある頃。それでもなお昭和らしい風景は日常のものとして息づいていた。
私はちょうどこの頃に生を受けた世代、それでも幼少のころの懐かしさは少し感じることができた。
お伺いして感じたのは、何気ない町の風景でも時間の経過とともに貴重な記録になるということだ。
【12.02】
f0130879_2204798.jpg
f0130879_2205852.jpg

私の掲示板に投稿いただいた画像から一枚転載します。
桃太郎さんのブログ
http://blog.goo.ne.jp/mihoshi55
f0130879_2215855.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-02-05 22:02 | その他 | Comments(0)  

古い標識

この道路標識はおそらく40年前か、それ以前に設置されたもののようだ。現在は国交省や都道府県、自治体の管理する道路の案内標識は空色となっている。この濃い紺色のものは旧型で、時折眼にすることはあるがやはり年々少なくなっている。
ちなみに指し示す道路は旧善光寺街道、江戸の昔から参拝客の往来でにぎわった道だ。
【長野県麻績村 12.01】
f0130879_23222364.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-02-03 23:22 | 歴史の点描 | Comments(0)