<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

曲線部が見物の洋風建築

f0130879_2344278.jpg
f0130879_2345649.jpg

洋品店として昭和5年に竣工した建物。
コーナー部の丸い縁取りがこの建物の特徴の全てを表している。二階部のバルコニーなどはなかなかのものである。
現在は喫茶店やギャラリーとして利用されているようだ。
【金沢市 11.01】
[PR]

by mago_emon | 2011-01-30 23:25 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(4)  

廃屋

典型的な町家建築だが、いつ崩れてもおかしくないほどその姿は痛んでいる。無住になって久しいのだろう。
屋根瓦が落ちないように網がかけられているし、1階部は板が打ち付けられ、左右の虫籠窓もねじれてしまっている。こうなるともはや、廃屋というほかない。
【倉敷市 10.08】
f0130879_23311348.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-01-27 23:30 | 廃物のある風景 | Comments(0)  

橿原市今井町 河合家

橿原市今井町は重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、それも地区内に8棟もの重要文化財の旧家があるなど、極め付けの保存地区だ。
中でもこの河合家住宅は江戸中期の建築という歴史深さのみならず、その迫力を感じさせる外観、原型を保つ本瓦の屋根、ユニークな虫籠窓など見ていて飽きない。
これほどの存在感のある町家建築は、他にはなかなかないだろう。
【05.12】
f0130879_23394943.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-01-25 23:39 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

主屋と土蔵

土蔵を従えた敷地の広い邸宅が、内陸部に向うにつれ散見される。
農村集落の匂いも感じさせる風景である。
新興住宅地に侵食されつつありながら、よく原型を保っているものと思う。
【11.01】
f0130879_23425063.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-01-23 23:43 | わが町の風景 | Comments(0)  

金沢の料亭建築

金沢には有名な古くからの茶屋街が2つある。これは西茶屋街のものだが、料亭建築が連なる姿は京都祇園の風景に酷似している。しかし、よく見ると違いも目立つ。中でも外見上の大きなものは二階部の雨戸だろう。祇園では季節を問わず簾がかけられ、一見全く遮蔽されているように見えて開放的な二階部だが、金沢では堅牢な戸で閉ざされているといった印象だ。もっとも雪の多い地であることもあり、密閉性が求められたのかもしれない。
【11.01】
f0130879_2256360.jpg
f0130879_22561353.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-01-22 22:56 | 町家細見 | Comments(0)  

重伝建地区での改築

上の写真は重要文化財の建物の改築中の姿。重要伝統的建造物保存地区として文化庁から指定された町並での風景であるが、保存地区であるなしに関わらず文化財の建物だから文化庁の管理監督のもとに行われるという看板の表示は当然であろう。
一方、下の写真は一般の民家の改築現場。建物の外観は伝統的な町並風景を乱してはならず、各自治体による現状変更行為許可証が必要とされる。
見事な古い町並風景の裏には、こうした住む側の苦労もあるのだろう。
【愛媛県10.07】
f0130879_0273316.jpg
f0130879_0274370.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-01-20 00:27 | 町並保存活動 | Comments(0)  

苔の屋根

嵯峨鳥居本の門前町の最も奥に位置する地区では、農村集落に由来するとされる茅葺の建物が現在でも幾棟か残っている。
誠に年季の入った屋根だ。苔の厚さからも即座にわかる。
【10.12】
f0130879_0222177.jpg
f0130879_022335.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-01-19 00:22 | 民家 | Comments(0)  

北陸鉄道鶴来駅

北陸鉄道というと大手私鉄のように聞こえるが実態は零細な地方鉄道である。
金沢の郊外とを結ぶのどかな路線だ。鶴来は古くから霊峰白山の入口であり、伝統的な町並も残るこの町が終点というのは趣深い。
地方鉄道の衰微は今後も避けられないだろうが、走り続けてほしいものだ。
【11.01】
f0130879_0563587.jpg
f0130879_0564858.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-01-15 00:56 | 鉄道風景 | Comments(0)  

金沢 山錦楼

金沢では木造多層階建ての料亭や旅館が多数建てられた時期があったが、現存しているものは極めて少ない。
この建物は明治後期の建築、当初は二階建の町家であったそうだが増築を重ね、豪華な料亭建築となったそうである。
この山錦楼、後で調べたが現役の店舗らしい。訪ねる機会があれば入ってみたいものである。
【11.01】
f0130879_22315125.jpg
f0130879_2232134.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-01-12 22:32 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

多数の窓

酒造家の酒蔵だが、これほど密度濃く窓が開けられている姿は珍しい。
当然、換気等によりここに窓が必要だったのだろうが、滑稽な面白さが感じられる。
【安来市 10.05】
f0130879_22911100.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-01-10 22:09 | 土蔵 | Comments(2)