<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

錦川の潜水橋

これも現場作業の間に発見した風景だ。洪水時には水没する仕組になっている潜水橋。潜水橋は一般に雨の多い地域に見られるもので、山陽地方では少ない。しかしその中にあって山口県東部は比較的降水量が多いため、増水することも度々なのだろう。
潜り橋、沈下橋など地域によって色々な呼び方がされているようだが、土木用語的には潜水橋と呼ばれる。
【10.09】
f0130879_22391887.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-09-28 22:39 | 水辺の風景 | Comments(0)  

漆喰の落書

学校の帰りに刻まれたと思われる数々代々の落書。既に大人になっている人が書いたものもあるだろう。
最近はこうした落書が書ける壁などが少なくなった。むろん、迷惑行為であることは間違いないことだろうが、私が子供の頃はある意味自由度が大きかった。
相合傘の落書などを見ると、懐かしさを感じる。
【10.09】
f0130879_22302774.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-09-26 22:30 | わが町の風景 | Comments(0)  

現場で町並発見

現場仕事の傍ら町並を発見した。
小さな側溝沿いに左の旧家の側面部が見えていたので、これは町並があるのではないかと通りに出た。
予想通り妻入りの商家風町家があり、それを中心に小規模ながら古い町並を形成していた。
ヘルメットと作業着の状態で撮影した写真。
f0130879_2323694.jpg
【10.09】
[PR]

by mago_emon | 2010-09-25 23:23 | Comments(0)  

明石海峡大橋

淡路島へは明石海峡大橋を渡って訪ねた。日帰り圏といえる距離にありながら淡路島はこれまで訪ねる機会が無かった。
世界最長の吊橋とあってその存在感は圧倒的だ。ただ、私はこのような長大吊橋を渡るのは実は余り得意ではない。
どうも橋が動揺しているような錯覚に捕われることが多く、早く渡りきってしまいたいと思う。
【10.09】
f0130879_23142467.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-09-22 23:14 | 旅の一風景 | Comments(0)  

港のレトロ銭湯

淡路島北端の岩屋の町にレトロ銭湯を発見した。
明石海峡に面する港町、商店街の一角にあった。
現在でも現役で貴重な一軒だ。内部もロッカーの造りなど趣深い。
注)女湯が写っているが、撮影時はお客さんが一人も居なかったので遠慮なく撮影させてもらった。
【10.09】
f0130879_23404479.jpg
f0130879_23405853.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-09-20 23:41 | 街の郷愁 | Comments(0)  

脇町オデオン座

徳島県脇町の古い町並の外れにあるオデオン座と称される建物、これは昭和初期に劇場として建てられた洋風劇場。一時は取り壊しの危機にあったというが何とか持ちこたえ、今回訪ねてもミニライブがあるとかで、若者達がその受付を行っていた。
外装は更新されてしまったようだが、新しい息吹を吹き込まないとなかなかこのような建物の維持は難しい。
【10.09】
f0130879_23115490.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-09-19 23:11 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

町家構えの旅行会社

旅行会社の店頭というと現代的な内外装がイメージされるが、地方では町家を使った店も稀に見かける。
これらは代理店業者なのだろうが、かえって斬新に映る。
【大阪府阪南市 05.01】
【愛知県津島市 06.07】
f0130879_2344293.jpg
f0130879_23441929.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-09-15 23:44 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

商家建築の原型

現存する中国地方最古の町家建築といわれる木原家住宅。1600年代半ばの建築であることがわかっており、外観・内部ともに今でも原型が完璧に保たれていることは奇跡的といってよかろう。
もう少し注目されても良い旧家である。
【東広島市 10.09】
f0130879_2385786.jpg
f0130879_239940.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-09-12 23:09 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

カステラの老舗

長崎といえば土産の代表的なものにカステラがある。
カステラ屋は数あるがその中で一番の老舗といわれる店・福砂屋の建物だ。カステラとこの町家風建築が少々不釣合いに感じるが老舗という言葉にふさわしい構えだ。
建物にひかれて入りたくなるものだが、私はどうも甘みのある食べ物が今ひとつ得意でないので遠慮しておいた。
【10.08】
f0130879_025128.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-09-10 00:02 | 商店街・店舗 | Comments(2)  

魚市場

倉敷市玉島は古い港町、古い町並も残る一角に魚市場との文字の見える年季の入った建物が見える。
今では別の場所に移転しているらしいが、かつて現役の頃はここに直接魚介類が水揚されていたのだという。
【10.08】
f0130879_2315154.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-09-07 23:15 | 街の郷愁 | Comments(0)