<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

大阪の象徴的風景

一箇所だけということで挙げるとすればここなのかもしれない。
それにしても串かつの店だらけになっているのに驚いた。
【10.03】
f0130879_235584.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-04-27 23:55 | 都市の風景 | Comments(2)  

津和野のうずめ飯

島根県南西端の津和野町の郷土料理に「うずめ飯」とよばれるものがある。これは調べると石見地方西部の山間部で食べられているもので、椎茸や人参、高野豆腐などの具を細かく刻んだものを炊いた米に混ぜ、ワサビを薬味として載せだし汁をかけて茶漬けのようにしていただくものである。
地元の店でうずめ飯の定食を注文すると、コンニャクの刺身や湯葉など他の名物と一緒にいただくことができた。この他に鯉料理もこの町では有名だ。
【10.04】
f0130879_21542216.jpg
f0130879_21543248.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-04-25 21:54 | 旅の味 | Comments(0)  

戦後の住宅団地

高度成長期に入り郊外人口が急増しだしたことで造成された住宅団地の遠景だ。
近年になって造成された団地はややもするとどれも規格化された同じ外観の住居が並ぶが、当時は建売など余り無かったのだろう。あるいはそろそろ建替え時期にあたる住宅もあるため、種々雑多な家並風景が展開するのかもしれない。
中央を走る道路も乗用車の離合がやっとの幅でしかなく、近代的な住宅団地とは随分異なる風景が展開している。
【10.02】
f0130879_23241935.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-04-21 23:24 | わが町の風景 | Comments(0)  

アーケードの中の銭湯

昭和の匂いの濃厚なアーケード付き商店街の一角に銭湯があった。
近くから徒歩や自転車で気軽に乗りつける地元の客で、そこそこ繁盛しているようだった。
周囲は非戦災地区で古い住宅が多い。銭湯のある風景も自然体で残るわけだ。
【大阪市西成区 10.03】
f0130879_2358456.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-04-17 23:58 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

当て曲げの辻

富田林の古い町並は碁盤の目調に街路が整えられているが、交差点に該当する箇所が直交していないことに特徴がある。手前に立ってみるとずれているのがよくわかる。これは当て曲げと呼ばれるもので、見通しを悪くするなど防衛上の目的があったらしい。
現代交通には些か不便な構造だ。
【10.03】
f0130879_22423454.jpg
f0130879_2243540.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-04-14 22:43 | 歴史の点描 | Comments(0)  

ローカル柑橘

和歌山県南部の勝浦を訪ねた時の夕食の様子である。
観光地でありまた漁村でもあるこの町に水揚されるもので一番有名なものはマグロである。それを食したのはもちろんのことであるが、紹介するのはこの写真、しかも蟹ではなく添えられた柑橘のことである。
私は蟹が余り好物ではないためか、この蟹の名前も忘れてしまった。
この柑橘の切れ端は「やつしろ」と言うのだと、店の主人に教えられた。漢字では熊本県の八代と同じ字を書くのだそうだ。この辺で栽培されている品種とのこと。
しかし、ネットで検索してもやつしろなる柑橘類の情報が出てこない。ローカル中のローカル柑橘なのか、または俗称なのかよくわからないが、ご当地ものであることは確かだ。
【09.11】
f0130879_21372399.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-04-11 21:37 | 旅の味 | Comments(0)  

老舗写真館

これは一見新しく見えるが、道路の拡張に伴って曳家され保存された写真館の建物で、表には1913年創業とある。
近年はデジタルカメラの普及などでこうした昔ながらの写真館は減る一方だ。建物共々いつまでも健全でいてほしいものだ。
【10.03】
f0130879_23344792.jpg
f0130879_233506.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-04-09 23:35 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

奇妙な橋

跨いで通れるほどの幅の水路に石橋が架けられている。
普通なら、少なくとも今なら函渠構造(カルバート)あるいは暗渠とするだろう。
丁寧に石造の高欄まで取り付けてあるのは、この界隈がかつて遊興の地であったからかもしれない。
【大和郡山市 10.03】
f0130879_232217100.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-04-08 23:22 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

新旧隣接

写真の場所は大坂環状線・南海電鉄の新今宮駅近くの住宅・商業地だ。
この付近は戦時に空襲の被害に遭わなかった地区で、やや古びた町並が展開している。
一方で背後の阿倍野区内には、再開発による巨大マンションなどが聳えている。
そのどちらが良いか悪いかは私には判断つきかねる。住人の人情と風情ということでは前者だろう。
【10.03】
f0130879_11264.jpg
f0130879_111280.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-04-06 01:01 | 都市の風景 | Comments(0)  

桜景

わが町でも桜が満開を迎えている。
氏神の参道も薄桃色に彩られていた。
【10.04】
f0130879_2231769.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-04-04 22:03 | わが町の風景 | Comments(0)