<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

法隆寺桜景

世界遺産ともなっている法隆寺を久々に訪ねた。
境内地には所々桜も植樹されており、五重塔と三分咲き程度の桜の取り合せは奥ゆかしさを感じさせた。
【10.03】
f0130879_0314488.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-03-31 00:31 | 季節の風景 | Comments(0)  

覗き窓?

これは大阪府富田林市の町並保存地区で見た風景だ。
土塀に小さな窓が開けてあって、覗いてみるとガスのメーターがある。
メーターなどの機器が街路から眼につくところにあると風致を乱してしまうので、自主的なものか指導によるものか、塀の裏側に目立たないように配置している。
こうした小さな積み重ねで町並景観が守られている。
【10.03】
f0130879_2328155.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-03-28 23:28 | 町並保存活動 | Comments(0)  

裏手の土蔵

可部の町は古くから商家が旧街道沿いに建ちならんでいた。家々は奥行深く、自然と裏路地に面して土蔵を配置する形になったのだろう。
裏手にも町家の連なる家並とは別の町並風景が展開している。
【10.03】
f0130879_23551390.jpg
f0130879_23552777.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-03-24 23:55 | 土蔵 | Comments(0)  

安心院の鏝絵(2)

前回に引続き安心院の鏝絵。
ここの鏝絵の特色は戸袋部分に多いことだ。それだけに施される面積も大きく鏝絵の表現も豊かになる。
【06.08】
f0130879_0385738.jpg
f0130879_039132.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-03-16 00:39 | 鏝絵 | Comments(2)  

安心院の鏝絵

大分県の山間部の町安心院(あじむ)には数多くの鏝絵が現存している。本編で紹介する機会を逸してしまったので幾つか紹介しておきたい。
左官職人の置き土産といえるこの鏝絵は現代の既製品のような住宅とは異なり、人間味が伝わってくる。
【06.08】
f0130879_2194913.jpg
f0130879_220131.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-03-10 02:20 | 鏝絵 | Comments(0)  

松坂肉の老舗

松坂の古い町並の一角にある老舗だ。
焼肉店・肉料理店とはいってもさすがに松坂肉ともなれば店構えも格式高いものである。
かなり値が張るであろうことは察しがつく。一度はこのような伝統と格式の老舗で思う存分食してみたいものである。
【三重県 06.07】
f0130879_0392829.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-03-07 00:39 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

旅館街

昔ながらの旅館の集中する一角があった。料亭旅館や特に高級旅館といった感じではなく、商用旅館のように見える。
観光地や温泉地は別として、このように旅館が軒を接するように建つ姿は現在では貴重といえよう。
【津山市 08.09】
f0130879_2134764.jpg

[PR]

by mago_emon | 2010-03-03 02:13 | 歴史の点描 | Comments(0)