<   2008年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

空店舗商店街

これは津山市の中心街の風景である。駅前から続く一番の大通りであるが、軒並テナント募集や貸物件といった文字が見える。
郊外に乱立する複合商業施設などにより、本来の中心商業地が空洞化する現象はごく一部の都市を除き共通した、もはや現代病ともいうべきものとなっている。郊外型商業施設は画一化の権化のような存在であり、町の伝統を消し去るばかりか付近の渋滞の助長を招き、また旧市街地では治安の悪化なども懸念される。
【08.09】
f0130879_2252359.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-09-29 22:05 | 商店街・店舗 | Comments(6)  

志和堀の彼岸花

東広島市志和町志和堀の彼岸花。昨年も掲載したと思うがご容赦いただきたい。記録的に開花時期の遅かった昨年よりは10日位は早いものの、毎年花の時期にここを訪れている感覚でいうとやや遅めだ。
去年とは少し違うアングルのものを載せたい。普段は町並を何よりも最優先するが、秋を感じるこの花は見逃せない。
【08.09】
f0130879_2253419.jpg
f0130879_22532072.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-09-28 22:53 | 季節の風景 | Comments(2)  

開発の狭間で

近代的なビルに接して駅前の再開発に出遅れた一角がある。
取壊された区画はブルーシートに被われ、背後の予備校の入った建物との著しい対比があった。
【07.12】
f0130879_2346964.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-09-27 23:46 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

本棟造りの旧家

長野県塩尻付近を中心として、本棟造りと呼ばれる妻入りで屋根勾配の緩い民家を多く眼にする。この造りは非常に広い間口を必要とする。この付近の集落は宿場町であっても隣家との間隔が広くゆったりしている。
特徴的なのが烏脅しとも呼ばれる屋根飾りだ。何やら宗教施設を想起させるような奇抜さを感じる。
【塩尻市 04.06】
f0130879_22584399.jpg
f0130879_22585532.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-09-26 22:58 | 民家 | Comments(0)  

新聞屋

このもと新聞屋が現役であった頃、付近のたたずまいそして時代はどのような情勢であったのだろうか、このような風景を見るたびに、ふと想像してしまう。
【岩国市 08.09】
f0130879_23303048.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-09-24 23:30 | 商店街・店舗 | Comments(2)  

津山50km

旧出雲街道を歩いているとふとこのような標識が眼に入った。
この道は江戸時代の宿場町の中を貫いていた細道で、勿論現在では離れた所に2車線の国道が整備されている。
この標識は、国道が整備される前、ここがまだ現役の幹線道路だった頃に立てられたものであろう。
ここから津山まで50kmであることは、今でも間違いないだろう。
【新庄村 08.09】
f0130879_22534594.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-09-22 22:53 | 歴史の点描 | Comments(4)  

深名線朱鞠内駅

これは名寄から西側に山中に分け入り、函館本線の深川に達していた深名線の主要駅・朱鞠内(しゅまりない)駅の列車交換風景だ。主要駅といっても駅周辺に僅かな人家が固まっているだけの所である。
今でも気象情報などで、冬になると最低気温の記録で時折この地名を聞くことがある。そのたびにこの深名線を思い出す。低温の上に日本海側の山沿いを辿るこの深名線は、わが国で最も過酷な自然条件に置かれていた鉄道と言ってよい。
しかし、沿線の人口は稀薄で、特に名寄寄りは数人の旅行者だけで地元の客はほとんどいなかった。丹念に除雪され雪の壁の中を進む車窓を見て、廃止もやむなきことではないかと思った。
深名線が廃止されたのはそれから数年後のことだった。
【幌加内町 91.02】
f0130879_2025484.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-09-21 20:02 | 鉄道風景 | Comments(2)  

幹線道路

この道はかつてバスも頻繁に通っていた幹線道路だったという。
昔ながらの家々が残る川沿いの道、やはりバスより自転車が似合っている。
【08.08】
f0130879_22221155.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-09-17 22:22 | わが町の風景 | Comments(2)  

水のある風景 日野町根雨

出雲街道の旧宿場町に由来する日野町根雨では街路の両側に豊かな水の流れがある。
上水道が整えられるまで、生活に使う水は全てこの水路でまかなわれていたのだろう。
f0130879_22305417.jpg

これは伏流水を飲料水として利用するために設置されていたもので、「水舟」というこの地独特の設備だ。
【08.09】
f0130879_22331015.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-09-16 22:33 | 水辺の風景 | Comments(2)  

初秋の棚田

この「北庄の棚田」が棚田百選の一つとなっていると聞き、探訪のついでに寄ってみた。
早くも稲刈りが始まっていた。彼岸花と稲穂の取り合わせが美しい写真を眼にしたことがあるが、花には少し早く、ここでは両者は折り合わないようだ。
しかし棚田の俯瞰は美しいとともに、先人の苦労が感じられ粛然とさせられる。
【久米南町 08.09】
f0130879_20352242.jpg
f0130879_20353497.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-09-15 20:35 | 季節の風景 | Comments(4)