<   2007年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

赤瓦の風景

田園地帯に歴史を感じさせる小さな家並があった。塀に赤瓦が葺かれ、突当りには越屋根を構えた町家風建築が見える。山陰の田舎町らしい風景だ。
【鳥取県八頭町 06.07】
f0130879_2224938.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-11-30 22:02 | 民家 | Comments(2)  

木製看板

滋賀県湖北地方の小さな町での一風景。この町の代表的な風景として取上げられることもある。薬の木製看板が連なって掛っている。歴史の重みと少しばかりの滑稽さが感じられ、中には「ばい毒」などの生々しいのもあるではないか。
古い町並も良く残っているこの町、この看板が一味アクセントを添えている。
【滋賀県木ノ本町 05.04】
f0130879_23144862.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-11-29 23:14 | 奇妙な風景 | Comments(0)  

紅葉

紅葉の名所宮島で撮影したもの。この秋は前半気温が高かったが、今月に入って朝晩は冷え込むようになりいつもより鮮やかに発色していた。
【07.11】
f0130879_21321447.jpg
f0130879_21322675.jpg
f0130879_21324382.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-11-28 21:32 | 季節の風景 | Comments(2)  

お客様は上のひょうたんをお引き下さい

島根県宍道町、山陰道に面する旧本陣家で見かけたものである。現在でも旅館を経営されている歴史の古い宿泊施設、無粋な電子音の呼び鈴などはないかわりにひょうたんに付けられた紐を引っ張れと指示している。いかにも奥ゆかしく旧家らしい計らいだと思い試してみると、奥の部屋でブザーの音がした。ちょっと興ざめだが、誰も出てこられる気配はなく存分に建物の中を見学させて貰った。
【07.11】
f0130879_07813.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-11-27 00:07 | 町家細見 | Comments(0)  

北陸本線廃線トンネル

福井県南部の今庄から日本海沿岸に出ようとして、利用したのがこの旧北陸本線廃線跡であった。現在の北陸トンネルが完成する以前のルートで、自動車道として利用されている。一部ではこのようにトンネル部分がレンガ造りのままそのまま使われている。
当時の北陸本線は単線であったため車一台通るのがやっとで、交代制の一方通行態勢が取られている。一風変った道路である。
【07.10】
f0130879_2237111.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-11-25 22:37 | 廃物のある風景 | Comments(2)  

曳家により旧態を保つ町家

この旧家は、表通りの拡幅のために曳家され、現在は通りからバックした位置に建てられている。私が中学生の頃までは通りに面していたが、その頃から目立つ旧家で町並や古い建物などに興味のあるはずもない当時でも記憶に残る建物だった。
わが町で最も見応えが感じられる町家建築の一つである。
【07.07】
f0130879_22195596.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-11-24 22:20 | わが町の風景 | Comments(0)  

高架下飲み屋街

神戸市内のあるJR高架下はかつて運送会社の倉庫として利用されていたらしい。番号と壁に書かれた文字がそれを示している。
しかし倉庫が用済みになったあと、簡易な造りの飲み屋がその前に寄生している。奇妙な都市の現象だ。
【05.09】
f0130879_23264319.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-11-23 23:31 | 奇妙な風景 | Comments(8)  

煙草屋

これまで何度か取上げてきた煙草屋だが、ここにもユニークかつ郷愁感の高い物件が残っていた。
【滋賀県水口町 06.10】
f0130879_23542713.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-11-22 23:54 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

町家の二階に

本うだつのある典型的な町家建築だが、うだつに接する屋根はなく、そこに木が植えてある。近年ビル建築の屋上緑化が盛んになってきたが、まさかそれを狙ったわけではなかろう。
【岐阜県笠松町 07.10】
f0130879_22203683.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-11-20 22:20 | 奇妙な風景 | Comments(2)  

小さな店蔵風商店

ここ村田は店蔵の町である。土蔵づくりの商店が古い町並の風情を高める。
そんななか、極小の規模で営業されている荒物屋を見かけた。店内には裸電球が灯っているのも見える。頑張って続けてほしいものだ。
【宮城県村田町 05.05】
f0130879_226829.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-11-18 22:06 | 商店街・店舗 | Comments(0)