カテゴリ:商店街・店舗( 183 )

 

現役スーパー

個人事業主の小売店だけではなく、中小規模のスーパーも全国画一型の大型複合商業施設が地方の奥深くにまで進出してしまったことから、その多くが犠牲になってしまった。
そんななかでこの店、スーパーというにも余りに小さい。よくぞ持ちこたえているといってよいと思う。
陰ながら応援したいものである。次にここを通るときも、現役のままであってほしい。
【島根県 17.05】
f0130879_22031255.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-06-17 22:03 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

こもせ通りの露天市

秋田県北部の鹿角市毛馬内地区。この町の中心にある商店街の風景。商店は街路に向けて軒庇が張り出しているのが特徴だ。積雪期の歩行者に配慮した伝統的な造りで、この地方で「こもせ」と呼ぶらしい。
そのこもせの下で、地元の方々が露天市を開かれていた。かなり底冷えがする場所のはずだが、これが伝統的な商いの方法なのだろう。
【16.12】
f0130879_21573994.jpg
f0130879_21574215.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-03-22 21:58 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

本と文具の小売店

書店と文具店を兼ねた小さな地場の店。
本屋なども例に漏れず大型チェーン店などに集約され、大型集合商業施設内にあるものも多く、昔ながらの小売店形式の店は今やとても珍しいものになった。
小さな町の商店街でこのような店を見ると、いつまで残ってくれるだろうかと気になる。
【岡山県 16.11】
f0130879_23112832.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-02-12 23:15 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

煙草店二題

「墨絵具」の文字の見える老舗のようだが、煙草販売はやめられて当分になるらしい。販売台を撤去しないのは近所で「煙草屋さん」で通っているからか?
f0130879_17374500.jpg



























外国タバコ取扱店の文字のある煙草専門店。外観がユニークな店舗だ。
f0130879_17385822.jpg











f0130879_17390001.jpg











【奈良県橿原市・五條市 16.09】

[PR]

by mago_emon | 2016-12-18 17:51 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

営業日縮小の理髪店

松山市沖の小さな島にて。
恐らく島唯一の理髪店だろう。通常は週6日営業が基本だが、この店はお客さんが少なく週4日営業、さらに週3日営業となるかもしれないと告げている。
営業日を減らせても、店を無くすわけには行かないのだろう。
【16.08】
f0130879_22492853.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-11-25 22:50 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

路地が支配する

松山市の沖に浮ぶ怒和島。島の西側の元怒和地区では家々のほとんどが狭い路地に展開する。
長屋門を従えた立派な邸宅、そして呉服店も人がやっとすれ違える路地の中だ。
【16.08】

f0130879_23221132.jpg
f0130879_23220412.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-11-16 23:22 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

ユニークな煙草販売台

煙草の対面販売は廃れて久しいが、販売台が残っている姿は時折眼にする。
それにしても、派手でユニークな販売台だ。
【竹原市 16.06】
f0130879_22553498.jpg
f0130879_22553995.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-10-04 22:56 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

対面式煙草販売の名残

煙草はかつて対面販売が基本で、時折その名残を見ることがある。最近ではコンビニで求めることが一般的になっているのか、その前に置かれた自動販売機もややくたびれた姿だった。そしてその先代の煙草販売台は、ビールなど他の商品の物置き場に。
陳列棚には、マイルドセブンやキャビンの旧包装などがそのまま置かれていた。
【千葉県 16.04】
f0130879_22393075.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-08-18 22:39 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

際物店

「際物店」なる店舗を見かけた。私はどんなものが売られる店なのか、よくわからなかった。
際物とは鯉幟や羽子板、雛人形などその時季の間際にだけ売れる品物という意味だそうで、そうしたものを取扱っているのだろう。
古い市街地を歩くと、現在では余り見ない店の形態を眼にすることがあり、逆に新鮮に感じることがある。
ただ、今「際物店」と検索すると、千葉県の店舗ばかりが出てくるので、この地方独特の店舗のジャンルなのかもしれない。
【千葉県 16.05】
f0130879_21325915.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-07-26 21:33 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

昭和型看板老舗

伝統的な構えの小売店。町並を歩いてこれが眼にできるところは、例え閉店していても地場商店が最近まで町に根付いて発展していたということ。
屋号を大書した看板は、現代ではかなり武骨に感じるが、インパクトは強い。
【千葉県 16.05】
f0130879_19541046.jpg
f0130879_19541679.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-07-10 19:54 | 商店街・店舗 | Comments(0)