カテゴリ:旅の一風景( 71 )

 

天橋立に湧く真水の泉

天橋立の砂州の中に、名水百選に選ばれている磯清水がある。地下水脈があるからだろうが、海に囲まれたところに一切海水の混じらない水の存在は不思議に感じられる。
飲まないでと書かれているのを知らずに少し飲んでしまったのだが、飲み水としても実際美味い。
【16.11】
f0130879_20145963.jpg
f0130879_20150291.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-01-22 20:15 | 旅の一風景 | Comments(0)  

集落丸ごと製陶の里

日田市の山間部にある小鹿田焼の窯元集落。谷間のわずかな平地に、登り窯・原材料の土を突いて陶土を作る唐臼があちこちに見られる。焼入れ前の日干し風景、展示即売所など製作過程を含めた風景が集中的に展開し、貴重なものとなっている。
【16.07】
f0130879_16555125.jpg
f0130879_16555411.jpg
f0130879_16555725.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-10-10 16:56 | 旅の一風景 | Comments(0)  

島の小さな荷車

三重県鳥羽市街から程近い坂手島。
眼についたのは個性的な荷車だ。手作りらしいものも多い。運ぶもの、運ぶ距離などからしてこのような押し車が最適なのだろう。島ではこういったものが、一番適した独特なものに統一化されることがしばしばある。
【16.06】
f0130879_23073873.jpg

f0130879_23073188.jpg
f0130879_23072430.jpg


[PR]

by mago_emon | 2016-09-16 23:12 | 旅の一風景 | Comments(0)  

伊勢宮門前旅館

伊勢神宮外宮門前街の一角に、今や唯一ともいえる伝統的旅館。
格式ある厳かな雰囲気だが、実際は外観、内部とも随分ヨボヨボの感は拭えない。
ただ、料理は絶品だった。設備への期待抜きで旅情、レトロ感を味わうには最適といえる。
【16.06】
f0130879_23253143.jpg
f0130879_23253975.jpg
f0130879_23254720.jpg


[PR]

by mago_emon | 2016-08-29 23:26 | 旅の一風景 | Comments(0)  

島の移動手段

軽自動車程度で事が足りる小さな島では、しばしば見かける光景だ。
港へ家族を出迎えるのも送るのも軽トラ、時に集落とをむすぶタクシー代わりにもなる。
この島ではないが、私も以前軽トラ荷台タクシーの乗車経験がある。
【山口県 15.11】
※ナンバープレートは画像加工で抹消しています。
f0130879_22554218.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-03-24 22:55 | 旅の一風景 | Comments(0)  

満員のフェリー

高松沖の男木島・女木島に向う小型のフェリーは、特に帰路便は立錐の余地もないほど満員だった。
どうも男木島でアートイベントが行われている影響と、女木島の海水浴客などが重なったためだろうが、素朴な島とのイメージしかなかったので、大変面食らった。
【15.08】
f0130879_22422543.jpg
f0130879_22423237.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-10-28 22:42 | 旅の一風景 | Comments(0)  

宿屋のある風景

旧道に面した宿屋という雰囲気の旅館。今は営業されていないようだがその構えが町並のレトロ感を演出している。撮ったときはまったく意識しなかったが停まっている車からも。但しこれはロードスターでレトロカーではない。
【山梨県都留市 15.05】
f0130879_2365644.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-07-30 23:07 | 旅の一風景 | Comments(0)  

昭和の質感のバス

壱岐島での移動はレンタカーを主としたが、路線バス網も比較的充実していて2日目に利用した。乗り合わせた車輌は懐かしい質感が漂っていた。島のこと古いバスでものんびりと運用しているのだろうか。まさか昭和製ということはないだろうが、昭和的な内装だった。
【15.01】
f0130879_22562611.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-03-14 22:56 | 旅の一風景 | Comments(0)  

木造三階建の旅館

中信地方にある鄙びた温泉場・田沢温泉。日中は素朴な共同浴場を訪れる地元の客がちらほらある程度で、周りを山に囲まれた静かなところである。
そんな中で存在感を示すひときわ大きな旅館があった。木造多層階建ては、現在では許可されない建物であるが、ビル旅館よりは格段に味わいと格式がある。
【青木村 14.09】
f0130879_2392787.jpg
f0130879_2394198.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-11-21 23:09 | 旅の一風景 | Comments(0)  

土浦の水郷風景

土浦の町は霞ヶ浦の湖面にほど近いところとは訪ねるまで実感がなかった。
駅裏から自転車で5分と走るとこのような水郷風景が展開する。
【14.05】
f0130879_03911.jpg
f0130879_031741.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-07-30 00:04 | 旅の一風景 | Comments(0)