カテゴリ:町並保存活動( 38 )

 

地元の底力で・・

この建物は町の中で孤軍奮闘しているような伝統建築だった。それを地元のNPO団体が守ろうとしている。
この状況で大きな重圧かもしれないが、何とか踏ん張ってほしいものだ。
【千葉県一宮町 16.05】
f0130879_22463325.jpg
f0130879_22464340.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-07-20 22:46 | 町並保存活動 | Comments(0)  

アーケードは取れたが

蔵の町を謳う喜多方の中心街、この通りは以前、アーケードのために家並が見えづらい状態だった。
最近、それが撤去されたと聞き寄ったところ、開放感のある町並に変わっていた。
店蔵も良く見えるようになったが、どことなく殺風景な感触がしないでもない。通りが広いからだろうか。
【15.09】
f0130879_21572557.jpg
f0130879_21573434.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-12-16 21:57 | 町並保存活動 | Comments(0)  

町づくり景観資産 長崎県

国の保存地区とは別に、実は県や自治体レベルで古い町並や建物を意識され保存の取組が行われているケースは多い。岡山県や名古屋市をはじめ、地方都市単位でもやられているようで、大事にしていただきたいものだ。
それを知るのはささやかなプレートであったりする。これは長崎県の例。
壱岐島芦辺と的山大島神浦、いずれも島の集落にて。
【10.08/15.01】
f0130879_017445.jpg
f0130879_0171396.jpg

芦辺瀬戸浦
f0130879_0182691.jpg
f0130879_0191040.jpg

的山大島神浦集落
[PR]

by mago_emon | 2015-04-15 00:19 | 町並保存活動 | Comments(0)  

鷺浦への期待

出雲大社の北山を越えた日本海に面する鷺浦集落を訪ねた。久々とはいえ既に4度目の訪問である。
ただ、最初の頃はそれこそ外来者が集落に入ることもほとんどなかったのだろう、素朴そのもので稀に地元の人の出雲弁の会話が聞こえてくるくらいであった。
やがて主な旧家の案内板が立ち、今回はその一部が公開され、見学できるようになっていた。
重伝建級といって良い集落であり、素朴で地道な取組に期待したいところだ。
【出雲市 14.05】
f0130879_23575020.jpg

f0130879_23584366.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-08-25 23:58 | 町並保存活動 | Comments(0)  

自治体が独自に指定する文化財

町並を歩いていると時折このような表示を見ることがある。国の重要文化財、登録有形文化財に指定された伝統的建物は多いが、市や町が独自に指定・選定したこのような例を見ると微笑ましくまた頼もしく思える。
地元独自の認識の高まりは町並としての意識を高める第一歩であり、応援したいものだ。
【13.05】
f0130879_2348409.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-06-12 23:48 | 町並保存活動 | Comments(0)  

隠す

保存地区では空調の室外機など町並景観にとって「邪魔」となるものをさまざまな工夫で隠そうと努力されている姿が見られる。
この例でも軒下の室外機は細かい格子で目立たないよう配慮されている。一方理髪店の目印。この回転灯が隠されてしまうと営業に支障が出てしまう。しかし、それも裸ではなく木製の枠に収められているではないか。控え目に控えめに、この店のジレンマといったものがうかがえる。
【竹原市 13.03】
f0130879_22141690.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-04-01 22:14 | 町並保存活動 | Comments(0)  

金沢の寺町

戦災を受けていない金沢の町は随所に古い町並が残っているが、有名な東茶屋町の少し山手には寺町もある。城下町では寺院を固めて寺町としたところが多く、今でも名残をとどめているものも少なくない。
この界隈が最近国の保存地区になったという。寺町の中には、機械的に寺が連続しているだけで本堂の建物も鉄筋コンクリート造となっていたりして風情がないものもあるが、ここの寺町は山裾の起伏に沿って塀や厳かな門が連なり、金沢らしいところである。
【11.01】
f0130879_0132559.jpg
f0130879_0133933.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-02-06 00:13 | 町並保存活動 | Comments(0)  

この風景は現在どうなっているか

これは茨城県つくば市北条の町並である。
筑波山への参道の要衝であり、古い町並を今に残すところで風情ある町だが、5月にこの地区を集中的な竜巻の襲来を受けたことが報道され、私もその後どうなっているか心配である。
復興に当たって、歴史景観に根ざした町の風景を願う住民が多いという報道をその後見たが、果たしてどうなっているか。心配だ。
【04.10】
f0130879_23465276.jpg
f0130879_2347217.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-10-28 23:47 | 町並保存活動 | Comments(0)  

「北品川の古い民家の家並み」

1枚目の写真で運河のような水面の対岸、マンション群に囲われて低い建物が幾つか見える。
ここだけ古い形式の住宅が残っているのは奇跡というほかない。品川区により町並としてその価値が評価されているようだが、家々はほとんどが無住であり、すぐ裏側は空地となりコインパークとなっていた。
今となっては、いつ失われても不思議ではなく非常に脆い状態に晒されている風景である。
【12.05】
f0130879_2253080.jpg
f0130879_2261380.jpg
f0130879_2254665.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-07-29 22:06 | 町並保存活動 | Comments(0)  

綺麗になった本町地区

倉敷美観地区の北に接する本町の町家地区はかつては古い建物が雑然と連なり、電柱も立ち並ぶ自然体の古い町並が連続するところに美観地区とは異なった魅力があった。しかし電線の埋設、舗装のやりかえなど古い町並の演出が施されていた。
悪い施策というつもりはないし、個々の旧家の魅力が引き出され町並連続性も高まって見えるものだが、反面古い町並としての画一化といった感触も抱かせる。
【12.05】
f0130879_23272511.jpg
f0130879_23273242.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-05-16 23:27 | 町並保存活動 | Comments(0)