カテゴリ:重要文化財の建物( 29 )

 

大山町所子・門脇家

大山町所子は豪農集落で、中でも門脇家は堂々たる塀や門、重厚な茅葺の母屋が素晴しく国重文に指定されている。自身が古い町並を展開しているほどの大邸宅である。
お住まいのお宅なので見学はできないが、この小さな集落がいかに裕福だったかがわかる。
【14.08】
f0130879_22531573.jpg
f0130879_22533187.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-09-29 22:53 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

旧脇本陣高草家

旧山陽道の矢掛宿にある脇本陣をつとめた高草家住宅。この町並には本陣の建物も残るが個人的には街道からのイメージは高草家の方が強かった。
今回初めて内部を見学できたが、奥行深い敷地に多くの土蔵が残り、街道に面している印象以上の豪壮な商家だったことがわかった。
【14.04】
f0130879_22264131.jpg
f0130879_22265130.jpg

[PR]

by mago_emon | 2014-06-10 22:27 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

旧海田宿・千葉家

旧山陽道の宿駅だった海田町にはまだ一部に古い町並が残されており、その中心的な建物である千葉家が最近一般公開を始めた。
このような旧家の内部は街道沿いから見る印象よりもはるかに豪華で厳かであることが多く、この邸宅も例外ではなかった。庭園も本格的なもので宿駅業務を司り裕福な家であったことを今に示していた。
【13.04】
f0130879_2244269.jpg
f0130879_2244436.jpg
f0130879_22442632.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-04-22 22:44 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

洋館の無料開放

神戸北野町界隈を久々に訪ねたところ、洋風建築が無料開放される日に偶然当たっていたのでそのうち風見鶏の館と呼ばれる旧トーマス邸に入ってみた。
この建物の外観は新しい建物のようで、余り気に止めていなかったものだが、内部は往時の様子が原型に近い状態で保たれており、思わぬ収穫であった。
【12.10】
f0130879_22384428.jpg
f0130879_2239057.jpg
f0130879_22391257.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-10-03 22:39 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

風格を感じる廊下の光沢

この旧家は町年寄を勤め、また大商家でもあった邸宅で、都の指定文化財として公開されている。
多くの土蔵も従える見事な旧家で邸内も格式あるものであったが、特に光り輝く廊下が印象的だった。
幾ら良質な木材であっても、一朝一夕ではこのような光沢は生み出せない。使い込まれた深い歴史を感じさせる。
【青梅市 12.05】
f0130879_23324247.jpg
f0130879_23332484.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-09-15 23:33 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

西脇・旧来住家

この旧来住(きし)家住宅は大正7年建築で、入り母屋造りの建物が見事な豪商宅である。
大地主として財を蓄積した当家は見事な庭園、そして賓客用の離れを持つ。トイレや浴室も個別に設えられ、タイルなども海外から輸入したものを使用するなど贅を尽くしたものであった。
【12.04】
f0130879_22452320.jpg
f0130879_22453635.jpg
f0130879_2246318.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-05-01 22:46 | 重要文化財の建物 | Comments(2)  

解体修理による復元

この熊谷家住宅は大森銀山の町並の中にあって長期間解体修理工事が行われていた。訪ねてみてその理由がよく理解できた。
1枚目の竈は、実際の住宅として使用されていた頃には改築されて無くなっており、解体時に設計図が出てきたことによりその存在がわかったそうである。図面に従い建築当時の様子が再現されている。
2枚目の太い梁も、傷みの少ない部材は極力再利用しようという努力により原型の姿がよく保たれる結果となっている。
【11.11】
f0130879_23115743.jpg
f0130879_2312752.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-11-24 23:12 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

地下蔵のある座敷

座敷の下に石蔵が隠されている。驚きの構造だ。
世界遺産にもなった大森銀山、町並の中にある代表的な伝統的建築・熊谷家住宅の風景である。
財産を貯蓄するための金庫の役割を持っていたのだろう。
【11.11】
f0130879_22393875.jpg
f0130879_22394771.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-11-23 22:39 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

重文今西家

f0130879_2258035.jpg
f0130879_22589100.jpg

重要伝統的建造物群保存地区の中でも極め付けといえる橿原市今井町の中で、築400年以上を誇る今西家住宅は城郭のようなたたずまいを残している。これはそのごく一部で、街路沿いに面する母屋にはかつて馬をつないだと思われる鉄輪が原型のまま残されていた。
【11.08】
[PR]

by mago_emon | 2011-09-11 23:07 | 重要文化財の建物 | Comments(0)  

高遠閣

伊那谷北部の城下町高遠は城址公園の桜で有名なところだ。
広い公園内にあるこの建物は桜見物をはじめ高遠を訪ねる旅客を迎えるために昭和11年に建てられたもので登録文化財となっている。
町には現代風の土産物屋はなく、静かなたたずまいを残していて、観光地としての格式高さが感じられた。
【11.07】
f0130879_23285479.jpg
f0130879_232935.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-07-20 23:29 | 重要文化財の建物 | Comments(0)