五能線の観光列車

f0130879_2343585.jpg
私が初めて五能線に乗ったのは20年前のことである。日本海の海岸線にとことんまで付き合う区間もあれば、岩木山を背景に林檎畑の中を走る津軽平野の風情も強く感じる路線で、私もこれまでで最も印象度の高い路線と言われるとこの五能線を挙げる。
以後3回季節を変えて乗り、以後長らく乗車の機会はなかったが、今回久々に再会した。近年は「リゾートしらかみ」という観光列車が注目されている。前半に乗った普通列車は閑散としていたが、途中下車後乗り継いだこの列車は年末というのに結構な乗車率で、五能線は半ば観光路線のようになっているのを感じた。知名度が高まり、それが路線の存続に寄与するのであれば非常に有益なことであるが、普通列車の本数がその分減ってもいる。
観光客用の駅も新設されていたりして、私が初めて乗ったころからすると、隔世の感を抱かざるを得なかった。
【07.12】

f0130879_234457.jpg
f0130879_236151.jpg

[PR]

by mago_emon | 2008-01-06 23:06 | 旅の一風景 | Comments(0)  

<< 屋根神様 うだつのある洋風建築 >>