北陸本線廃線トンネル

福井県南部の今庄から日本海沿岸に出ようとして、利用したのがこの旧北陸本線廃線跡であった。現在の北陸トンネルが完成する以前のルートで、自動車道として利用されている。一部ではこのようにトンネル部分がレンガ造りのままそのまま使われている。
当時の北陸本線は単線であったため車一台通るのがやっとで、交代制の一方通行態勢が取られている。一風変った道路である。
【07.10】
f0130879_2237111.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-11-25 22:37 | 廃物のある風景 | Comments(2)  

Commented by 西山遊野 at 2007-11-26 00:22 x
いくら信号があっても交互通行のトンネルはなんだか気味がわるいなあ。そういえば京都の町中にもあります。
御前通りのJRトンネルは狭い為信号機による相互通行でした。
しかも車高2M制限。
Commented by 孫右衛門 at 2007-11-26 21:35 x
御前通りのトンネルとは知りませんでした。京都駅の西側を抜けるトンネルでしょうか。
この北陸線のトンネル、中がまた結構暗いのです。舗装も痛んでいるのかでこぼこしており、所々で水も湧き出していて走っていると少々薄気味悪い思いがします。まあ珍しいものでしょうから一度はとの思いで通りました。

<< お客様は上のひょうたんをお引き下さい 曳家により旧態を保つ町家 >>